上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
定期的に行っているnico主催の 現地検証会

対象は nicoの会員で無肥料自然栽培農産物を 出荷している農業実践者 を基本としています。

来て学んで、それより現地の畑を見てみんなでプロとしての意見を出し合い
無肥料自然栽培の成功へと結びつける事が大きな目的です。

RIMG0776.jpg
現地勉強会もいろいろやりましたが、ほんとに深いところでやろうと思うと
10名が限界見たいです。
こちらは、新規就農7年目 今2町歩くらいかな? がんばっている明石農園さん


RIMG0788.jpg
こちらは種採り用の大根の種
たった5粒の種からこれだけできる。すごすぎる~!
基本的に 無肥料自然栽培には
自家採種は欠かせません。絶対と言えるほどです。

自家採種していなくても最初の数年は収穫できます
でも、3年~5年たつと、いわゆる残肥はほとんどなくなり
チッソ欠乏がかなり目立って出てきます。

その時に、自家採種をしてきたか、
購入種子を続けてきたか の違いはハッキリ。でます。

無肥料自然栽培にしても、固定種栽培にしても
自家採種にしてもだいたい
3年もやると、あきらめてしまう方が多い。。

無肥料自然栽培にも技術があります。
きちんとやらないで、あきらめてしまうのは
とっても残念です。。

やみくもにやっても、しっかりした出荷物は生産されないのです



RIMG0791.jpg
こちら不耕起の畑。
デジタル式硬度計で測定したら、軟らかい・・
しかし上ものの玉ねぎがぜんぜんできていない・・

おかしい!
掘ってみると・・・

なんと7cmで3.7度も下がっている。。
正直こんな畑は始めてみました。

(昔の?)
お風呂で例えると、沸かしてお風呂に入ったら
上が暑くて下は水!なんて事ありましたよね。

おそらくそんな現象で、
「ヒャ!冷たい!」っと根が下に張らない?
観察してみると根が行ってないですし。

不耕起で無肥料というのは理想ですが、
日本国民が飢えない生産量を上げるにはもう少し
技術向上が必要に感じました。




RIMG0805.jpg
こちらは、渋谷農園さん。収穫前のニンジン。
右の笑顔は明石さん!(渋谷さんの魚拓ニンジンギャグにうけています(笑))


RIMG0820.jpg
そしてことしはじめて 無肥料で行った稲の苗。
初年度にしてはほんとに上々、素晴らしい苗でした。

これから田植え!ほんとに期待してますよ!


RIMG0830.jpg
今回参加メンバー。
新しい発見もあり、
奇跡の対面もあり、
本当に有意義な検証会でした。

詳しい報告は次号のnico通信に掲載されます。こうご期待です!

2010.6.8.記
スポンサーサイト
2010.04.11 nico総会
無肥料自然栽培を普及定着させるグループ
nicoの第三回通常総会が行われました!
http://nico.wonderful.to/

会議の目玉は
役員改正と
年間スケジュール
今後のnicoの運営について
です。

私はこの時をもってnicoの会長を辞させて頂きました。

新会長は関野農園の関野幸生さんです!


201004112020000.jpg

今後とも宜しくお願い致します!

2010.4.24.記

野口勲氏&木村秋則氏講演会&パネルディスカッション開催!
主催:nico( http://nico.wonderful.to )

想い5年、開催決定から10カ月、実際の準備期間5カ月
念願の講演会を開催いたしました!
遠方からも多数ご来場いただき、感謝感謝です。
ふじみ野市・富士見市・三芳町そして川越農林振興センター様からそれぞれ
後援をいただき
598名の席数もすべてのチケット完売し当日を迎えました。

様子をご報告申し上げます。

1-5.jpg
驚くことに開演の90分前には外に列ができ始め、、


1-20.jpg
事前準備を充分にして受付責任者がしっかりと、それ以上にしていただき、
受付は順調~


1-19.jpg
無肥料自然栽培等の講演会を企画すると必ず、どこで買えるの?と聞かれます。
今回はnicoメンバーを中心とした
固定種、無肥料自然栽培のお野菜たちを販売いたしました。
大量に持ってきた野菜たち。完売でした!
みんなお野菜の味、どうだったかな~?
どんな食卓だったのか、興味シンシンです。


1-22.jpg
そのほかに、固定種の種、関連書籍の販売を行いました。
驚くほどの販売量に、講演会の成果を一つ実感してとてもうれしかった!



1-39.jpg
実際の講演会は
nico会長の挨拶があり開演!

4.jpg
まずは我らが野口さんの講演会!
タラコから宇宙にはじまり、F1、固定種、雄性不稔、GMそして無肥料自然栽培の可能性に至るまで
じっくり2時間。
やっぱり迫力あります。初めての方には、信じられない衝撃の事実ばかりです!


3.jpg
野口さんの講演会中に木村秋則さんが来場!
笑顔に圧倒されます、、!



6.jpg
598名超満員の会場。in埼玉県ふじみ野 勤労福祉センター



5.jpg
木村さんは全身全霊で、お話をされます。
その中にも笑いあり、驚きありのあっという間の2時間


1-159.jpg
そして、お二人の講演会の後には
パネルディスカッション!


1-177.jpg
nico副会長 関野農園 関野幸生さん
全面積、無肥料自然栽培6年目、固定種自家採種にて無肥料自然栽培を実証しています。

1-208.jpg
nico企画長 明石農園 明石誠一さん
新規就農7年目 無肥料は3年目。新規就農から無肥料自然栽培への転換。
そうとうな勇気が必要だったはずです!


1-150.jpg
木村秋則自然栽培研究会・北海道会長
折笠農場
折笠健(おりかさますらお)さん。
70町歩の面積で生産し、17町歩無肥料自然栽培
大規模の無肥料自然栽培について第一人者!


1-148.jpg
我らが野口さん!


1-173.jpg
そして木村秋則さん!


1-195.jpg
ナビゲーター(コーディネーター)は
nico会長
サン・スマイルの
松浦智紀 

以上の面々でのパネルディスカッション!
あっという間に時間が過ぎ!


1-224.jpg
関野さんの閉会挨拶を無事終えて、
長かったような、あっとう言う間だったような
やっぱり(笑)ながかった一日が終わりました。

内容について書いているといくらあっても足りません、、。
この日の様子は3月中旬あたりには
DVDとして販売をする予定です。
乞うご期待です!

来場の皆さま、講演者、パネラーの皆さんそしてなによりも
スタッフのみんな!ほんとにほんとにお疲れ様でいた
そしてありがとうございました!

22.2.7.記
2009.11.29 母本選抜
恒例になりました
野口種苗さんのオリジナル品種「みやまこかぶ」の種採り。
母本選抜を行いました。

CIMG5215.jpg
一度、すべてのカブを抜き取り、草取りして、耕起します。
そのあと、形をみながら畑に植えこみます。


CIMG5221.jpg
みやま小カブは次世代に伝えていきたい種です。
なんでカブなの?と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
それは、このカブを!ぜひ食べてみてください。
まさに今が旬です。12月下旬にはなくなってしまいます。
その美味に、今までこんなにおいしいカブをしならなかったことに
ため息を吐いてしまうくらいですから!


CIMG5231.jpg
私は二日酔いでしたが(笑)
17人で行いましたので、早く終わり、笑顔で写真!
毎回この畑での写真ってみんな素敵な顔です!

21.12.13記
日本消費者連盟主催のイベント 受け入れはnico。
http://nico.wonderful.to/
nico企画長でもある明石さんの畑でイベントを行いました。

CIMG5174.jpg
この近所は三富地区と言いまして、江戸時代から計画的に造られた畑です。
イベントでは
畑の説明をして
無肥料自然栽培のさつまいも掘り~
穴掘りをして土の中の観察をして、座談して
お話が尽きずに、、
予定していたスケジュールは全部こなせませんでした。


CIMG5175.jpg
こちらは、焼き芋を作るために火を起こしているところ。


CIMG5177.jpg
明石さんの所へ来る前には、
野口種苗野口さんのお話を聞かれたようです。
http://noguchiseed.com/
野口さんの固定種のお話は、無肥料自然栽培と密接なつながりがありますので
参加されたかも、実感として伝わっていただけていたら
なによりです。

21.12.13記
11月9日(日) nico主催 http://nico.wonderful.to/
いのちの種を未来に 講演会&パネルディスカッションを開催致しました

内容書くと大変長くなるので(書きたいんですけど(笑))・・・その様子の報告です


DSC_0033.jpg
主催はnicoでしたが、実動メンバー15名がそれぞれ仕事が終わった後など夜中に集まったり
むりくりして時間を作って打ち合わせをしたり、役割分担をしっかりしながら
行いました


DSC_0049.jpg
関野農園さんから、自家採種している一部の種を持ってきてもらい展示しました。
写真をクリックすると拡大されます~
これでもほんの一部ですからねぇ
いやぁ ほんとの意味での財産ですよね。


DSC_0055.jpg
当日は書籍の販売も行いました。
この日の来場者は315名くらい、すでにお求めいただいている方、
ご家族でいらした方など考えると、かなりの数の本が売れました。
関心の高さはこんなところからも受け取れました!
写真左:サン・スマイルさより 右:自然農場まほろば 須山さん

DSC_0076.jpg
いよいよ開会~
渋谷農園の若奥様のスマイルで始まり!


DSC_0081.jpg
早速野口さんの熱弁が始まります。
ずっとパワポを使って講演を行います。


DSC_0091.jpg
火の鳥は、手塚治虫先生公認で、野口さんの店の看板に使用されています!

DSC_0094.jpg
ちょっとむつかしく、、細胞内の器官ミトコンドリアの遺伝子の説明まで!
およそ2時間のご講演。
途中、話がちょっと難しいところもありますが、
真剣に最後まで聞いている人がほとんど


DSC_0134.jpg
講演の後は休憩をはさんでパネルディスカッション。嬉しかったのは
ほとんどの方が残られたこと。


DSC_0135.jpg
内容は、野口さんの固定種の話を受けて、
実際、生産の現場、流通、小売の現場ではどんなメリットやデメリットがあるか?
という話から始まりました。
種と畑はセットで考えたほうがよい。種が土の過程を学んでゆく
という経験則に沿ったお話
そして、販売では正直かなり苦戦を強いられているというお話でした。
デメリットもメリットになりうる。そんな話もありました。

写真左:関野農園 関野幸生  右:アクティブ・K代表熊田浩生氏


DSC_0145.jpg
多くの方が具体論を望まれます。具体論は大切です。
でもその具体論が出てくる、具体論が観察から生まれて発言される
元のもとを理解しないとなかなか難しいものがあります。
それが農業(農を生業とする)の本来の奥深さであり、醍醐味でもあるかと思います
そして、固定種を流通させるには問題が山積しています。
流通のみならず生産含めて 生産者・流通・小売・消費みんながそれぞれを
知る努力をしながら当事者意識をもって共に、
そう、共にやっていかないと現状では成り立ちません。
この野菜をほしい!と言っても現状非常に限られてしまいますから、、

写真左:野口勲氏 右:サン・スマイル松浦

大切なところですが、
私たちnicoはじめ野口さんも、固定種や無肥料栽培こそ 真理でありNo1であり
唯一正しいものなんていう事は全く思っていません。

ある雑誌や記事、HPでセンセーショナルに紹介されているところもありますが
私たちの意思とは異なります。
私たちは、それぞれの本質を現状で見極めながら
(たとえば固定種を学び、無肥料栽培を学び、一般栽培も有機栽培もしかり)
今はこれがベスト!と考えられることを、その場その時に応じながら試行錯誤しながら行っているだけです。
永続可能性と自立と和合、そしてなにより、笑顔が世の中に増えること。それが目的です。

いろいろな栽培を私たちは批判、非難するということは毛頭ありません。
ただ、そう見られてしまうところは非常に残念に思っています。(そういうことが多いものですから)

農薬も肥料も使わないで、種採りできて年を重ねるごとに結果が良好になっている人がいる。
それならちょっとやってみようか~
そんな感じが自然ですよね~

それと、作ってもどこが買ってくれるんですか?という生産者がとても多い。
もちろんそれがなくては生業になりませんが
1畝でも2畝でも、まずは自家消費分だけでもやってみると
よいかと思います。

といっても流通の事を考えていない事はありません。
流通すると安定性など次の課題がでてきますから、
それには、生産の経験が不可欠ですので上記のように書きました。

まずは家庭菜園の方でも一部
やってみられると面白いと思いますよ。おいしいし。
家庭菜園の方と農家の双方で時代を引っ張った方がおもしろいかもしれませんしね。

と、、、今日のブログは講演会の概略報告だけにしよう、しよう、、と思っていたけど、やっぱり
脱線してしまった(^^ゞ

DSC_0128.jpg
当日のみのスタッフ含めて、全スタッフが来場の皆様にごあいさつ。
紹介は、明石農園の明石誠一さん


アンケートの回収率も驚くほどよく、nicoスタッフも改めて
気を引き締めるのでした。

遠路ご来場いただいたみなさま、スタッフの皆様心から感謝申し上げます
ありがとうございました。
2008.09.18 穴掘り大会!
ちょっと前の話ですが、9月14日に無肥料自然栽培関野農園さんの畑の穴掘りをしました。
穴掘りすることで土壌(土)の断面が見ます。
そして、今の土の状況を把握して次作以降の方針の一つにします。

IMG_2289.jpg
穴掘り前に・・・
以前もご紹介した大豆の種採り、だいぶ乾燥してきました。
奥さんが隣で、、葉っぱを落としてから吊るせばよかったのに、、
旦那さんが隣で、、そんな時間なかったじゃない!
といった感じでなかよしご夫婦です!(^^)!


IMG_2291.jpg
芽を出した大根。5角形にきちっと芽が出ています。
きれいですね~
この中から選抜(間引き)していって、最終的に一つにします。


IMG_2292.jpg
さて、本番の穴掘り!
今日のコンディションなどを書いて写真を一枚パシャリ!
私の字です。私は字が下手なんであしからず。
外気温29度午前11時。はれ。
トウモロコシを収穫し2月後くらい。

IMG_2294.jpg
50cmほど掘ってみました。
掘るのは結構簡単なんです。すぐできます。
根もちゃんと来てますね~


IMG_2297.jpg
5cmごとに温度計を刺し観察。
左は酸度&湿度計です。
観察した数字を関野さんのところに忘れてきてしまった、、
ですが、
20cmくらいのところで温度が下がり、
硬くなっています。
25cmでは温度が上がり、やわらかく。
これがいわゆる硬板層でしょうか。

IMG_2298.jpg
スコップをグサッと指すと、一回止まります。
(段差が見えるでしょ?)まさしくこの場所が温度が低い。

IMG_2304.jpg
土を触りながら固いところ、やわらかいこ所と掘り進めます。
さながら発掘調査のようです(*^_^*)

IMG_2315.jpg
すごいでしょ!こんなにはっきり。
下のほうに硬板層がないところはどうも、
サブソイラーが入ったところのようです。


IMG_2318.jpg
ブソイラーが入ったところ、掘っていないところを一列硬板層がないのかな?
その列に棒を差してみます。なんとなくですが、他とは違う!

IMG_2319.jpg
おどろくことに硬板層の下も団粒化構造がしっかりできています。


IMG_2320.jpg
最後に、白菜の苗。
こちらも自家採種無肥料です。いやぁすばらしい
松島白菜バンザイ!


考察をしなくてはなりません。
この日は、2か所をやって硝酸性窒素の残留分析もしようと思っていましたが、
その考察で時間がかかり、話が進み、、、
結局1ヵ所のみ穴を掘ったのみで分析もできませんでした。

農家の皆さんも穴を掘ってみることをお勧めします。

現時点では
好天が3日以上続いた後
同じ畑で同じ作物を栽培していて、成長や収量が違うところを二か所以上
機械のタイヤが入ったところは避ける
きちんと記録を取る。
道具はスコップ、移植ゴテ、はけ、カメラ、メジャー、温度計、記録用紙くらいかな。

穴を掘ると今まで見えなかったことが見えてきます。

農薬を使わない栽培、肥料を使わない栽培には
観察が一番大切です。

観察して観察して観察して草取りして。。これにつきます。


農業は非常に奥が深いものです。
この穴を掘ること、温度を測ること、残留窒素を図ることそのことに意味がないかもしれません。
でも、思い立ったらやってみましょうね。

そして、関野農園さんの畑はほんとに教科書とおりの
硬板層を見ることができました。
実際こんなにはっきりと硬板層が見えることはほとんどありません。

ですので、観察しましょう!

それと、栽培後2カ月もたつと根がかなり朽ちています。
あまりいい状態とは言えませんね。

私と同じ失敗は繰り返さないでくださいねぇ

地球を掘ってみよう!


PS
硬さを数字にするために硬度計を買おうと思ったら、、
60000円もする!(山中式)
精密機械なのでしょうけど、、手が出ないや。
ほしいなぁ
だれか使っていないのがあったら譲ってくださいな
絶滅危惧種の「みやまこかぶ」(人生観変わるくらいうまい小カブ)の種まきを
nicoのみんなで行いました!(9月12日最高の好天!)
野口種苗さんオリジナルのこのカブ。http://noguchiseed.com/
なんとか未来につなぎたいと集まった面々です。
もちろん無肥料栽培です。

IMG_2247.jpg
場所は、埼玉県飯能市の顔振峠(こうぶり峠)、
カブはアブラナ科ですので、半径1kmにアブラナ科があっては交雑する可能性がありますので
隔離された山奥などでしか基本的に種採りはできません。
写真は明石農園の明石さんが畝立てまえに耕起
その間他のみんなで均平化&ごろごろ土の破砕作業。

IMG_2253.jpg
いよいよ畝たて!と思ったのですが、
去年は過度の乾燥で思うように生育が行かなかったので、今年はすじを切ったところに
まくことに。
そのスジ切り作業中。 ちゃんとひもを引いてね。

IMG_2262.jpg
これしかない!
「みやまこかぶ」の原種!


IMG_2269.jpg
ほとんど関野農園の関野さんが種まきをしましたが、トリは野口さん!

IMG_2272.jpg
今日頑張ったメンバー
上段左から 片寄さん 園部さん ばんさん
下段左から 明石さん 熊田さん 野口さん 関野さん 小野地さん
私はカメラマン(^^)

IMG_2282.jpg
作業は思ったよりも早く終わり
(地主さんが思った以上に整地をしてくれていた!ありがたい!)
お昼御飯は地主さんがやっているピザ屋さんで。
あまりに景色がよかったので関野さんと写真

IMG_2285.jpg
下の右側にあるが、今日種をまいた畑。
こんな環境です。 まず交雑はしないでしょう。
立地的に、雨が少なく、日照時間が長く、霜がおりない!
こんな素晴らし条件がそろったところはなかなかありません
雨が降ったら翌日には芽をだすでしょう


IMG_2286.jpg
野口種苗で働いている小野地さんが自家農園でつくった固定種のスイカをふるまってくれました(*^^)v


IMG_2287.jpg
最後は野口さんのお店へ。
電光になった火の鳥とってもすばらしい!

これで、来年もミヤマ小カブがつながる!
ひとまずほっとしました(*^^)v
無肥料自然栽培から自立と和を紡ぐ
nico(にこ)
の創刊号ができました!

nicoは無肥料自然栽培を定着させる、農家さん、流通屋さん、小売さん、消費者さんが
それぞれのワクを超えて、笑顔がますます溢れる社会を作る有志のグループです!

現在は、基本的に具体的に活動に参加いただけるかた(妊婦さんやお子さんのいるかた、お年寄りなどは除く)を会員として募集しています!

会費は月500円の一年一括のお支払です!
会報は一部50円ですが、創刊号は無料です!

創刊号無料なので、nicoのメンバーか、サン・スマイルの店頭、もしくは
郵送いたしますので、お声かけ頂ければお送りさせていただきます!

nicoこれから楽しいことたくさんしていきますよ!
2008.04.22 nico設立!
昨日4月21日は
【nico】(読み方:にこ)の設立総会でした。
2か月にわたり準備を進め、みんな忙しい中時間を作って集まりつつ、
将来の希望を持って設立いたしました!

nicoにはいろいろな意味があります。
にこ=和 和の読み方の一つに「にこ」があります。
「ニコニコ」 という言葉や、 「にっこり」の語源でもあります。
和草(にこくさ)とういものがあります。柔らかい新芽等という意味です。
新たに生まれ、生まれこれからの未来に希望をもって情熱をもってそして
その中で、他者の批判は絶対にせずに「和」をもって
心からにっこりできる方がますますたくさん増えていきますように
そんなお役にたてる会になればと願ってこの名前をつけました。

英文は
Natural and Independent Cultivation Organization です。
自然栽培と自立の栽培をすすめる会 とでもいいましょうか。
作物の自立、農業者の自立、企業の自立、消費者の自立、
自分自身の自立 いろんな意味の自立そしてその中での「和」ね。

具体的な活動内容は
無肥料自然栽培の楽しさを知って頂く為に
講演会やワークショップを企画したり、農家さんのところに無肥料農業体験に
行ったり、イベントに出展したり、販売会をしたり、
もちつきしたり、ツリーハウスをつくったり、よくばるといろいろありますが、
とにかく楽しく無肥料栽培についてしっていただいて
そのおいしさ!を味わっていただける簡単な環境ができたらと
願っています!

一応規約の目的は(規約より引用)(規約なので文章硬いですが、、あしからず(^^ゞ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(目 的)
第2条 本会は、農業者が無肥料自然栽培に容易に取り組め、また、生活者が無肥料自然栽培により生産される農産物を容易に、永続的に入手できるよう、無肥料自然栽培の生産、流通、小売、消費、再生産の核となる地域形成を育成し、あらゆる立場の人々が当事者として無肥料自然栽培の取組を中心として面的拡大を図ることを目的とする。
   (無肥料自然栽培とは、農薬や化学肥料を一切施用せず、有機肥料等も施肥目的で施用しない栽培)

(事 業)
第3条 本会の目的を達成するために次の事業を行う。
(1)無肥料自然栽培の参入希望者に対する指導・助言
(2)地域の立地条件に適応した無肥料自然栽培の技術を確立するための
実証圃場の設置 継続的記録
(3)無肥料自然栽培により生産される農産物の流通・販売の促進助言活動
(4)無肥料自然栽培農業者と流通業者、小売業者、飲食店、環境活動家、マスコミ、
公共団体、生活者、研究者等への普及啓発ならびに交流活動
(5)会員または外部に対しての会報、並びに年一回会誌を発行
(6)本会の認めた農産物の認証
(7)その他この事業の目的を達成するために必要な取組

(構成員)
第4条 本会は本会の目的に賛同する農業者、流通業者、小売店、公共団体、
研究機関、種苗関係者、生活者等もって組織する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

設立発起人は下記です!
IMG_1494.jpg

上段左から:明石誠一、関谷和博、渋谷正和、森下法光、萩原和人
下段左から:松浦さより、片寄靖子、松浦智紀、関野幸生、金子俊幸
(欠席:野口勲)

昨日誕生したばかりのnicoですが
これから楽しいわくわくすることをたくさんやっていきます!

いや、、みなさんも、会員になっていただいて!
一緒にやっていきましょう!

会員さんの募集は後日詳細を書かせていただきます(^_^)v
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。