上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.28 Oisca & nico
「オイスカ」という団体があります。
簡単に言うと、世界中から日本の農業について学びたい方が研修に来る場です。
http://www.oisca.org/

今回、nicoに打診があり、 http://nico.wonderful.to/
オイスカさんの研修生を1泊2日で受け入れる段取りをさせていただきました。


RIMG0937.jpg
初日は、野口種苗野口さんの講演。
オイスカさんのスタッフと、野口種苗で働いている小野地さんの同時通訳で
行いました。総勢30名くらい。



RIMG0943.jpg
翌日は、ふじみ野に場所を移して、
無肥料自然栽培の関野農園
無肥料自然栽培の明石農園
無肥料自然栽培の関谷農園の3名にパワーポイントを使って
話をしてもらいました。 この時も同じく同時通訳してもらいながら。


RIMG0946.jpg
参加者は、政府関係の方や、研究機関、大学、また私費での参加、
そして研究や学ぶ対象も様々のようでしたが、みんなとっても真剣に聞いてくださり
パワポの資料などを英訳したり(小野地さん)し、資料を用意した甲斐がありました。


RIMG0948.jpg
こちらは、関谷さん。

質疑応答では、
「硬盤層」(hardpan)に質問が集中。
hardpanに関しては私、以前も書いたかな、、?


RIMG0973.jpg
講義終了後は、早速現地勉強会へ!


RIMG0976.jpg
最後に、記念撮影パシャ!
トルコ、フィリピン、インドネシア、メキシコ、ケニヤなどなど
多国籍の方々と、農業関係で触れあえた事もうれしかったですが、
ぞれぞれの方たちに、無肥料自然栽培の概要と、仕組みそして
現地での実証の様子を説明できてよかった。

それぞれの国では、気候も、土壌も、風習も総じて風土が全く違うわけですから、
今回の話がすぐにまねできるわけではないでしょう。
でも、優秀な方たちばかりのようでしたから、応用して
ぜひ世界中で無肥料自然栽培の種をまいていただけたらと
願ってやみません。

とにもかくにも、
今回の大功労者は
野口種苗の小野地さん。農業や農学の専門用語が飛び交う中での
同時通訳とても助かりました!

農業関係で同時通訳出来る人を探している方、
小野地さんすばらしいですよ~

21.10.31.記
スポンサーサイト
いくつか前のブログでご紹介しましたNAFRES.
そのNAFRES主催で今回はボランティアではなく、商流目的の
商談展示会を埼玉県大宮サンパレスさんで開催いたしました。
http://www.omiya-sunpalace.com/

出展者数は24社。
来場バイヤーさんは124名
RIMG0912.jpg

食の問題がクローズアップされたり、食が原因の病についての知識が広まっているとはいえ、
なんだかんだ言っても、自然食品全体では厳しい現状が続いています。

必要とされる方(会社)同士が知り合い、消費者(生活者)も含めて皆が喜べる
つながりを作ることができたのではないかと思っています。


展示会に出展することはちょくちょくありますが、
主催するのは初めてでしたので、とてもよい学びをさせていただきながらも
正直相当くたびれました。 運営自体はボランティアですが、
ボランティアの域を超えている、、。

でも、最終的に皆さんの笑顔や成果をお聞きするにあたり
ほんとに開催成功してよかった!と思っております。

御来場いただきました皆様 誠にありがとうございました。

21.10.31.記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。