上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんと!!です。
国産の飼料100%肥育です!
確かこの取り組みついて1年ほど前にお聞きしました。

書くと長くなる、、
わたしが思いつく項目だけ書くと
●自給率
●輸入農産物
●水田保全
●エネルギー効率
●GM
●などなど
の向上に期待が寄せられます。

ただ、
国産飼料100%で肥育したら誰が買ってくれるの?という
問題が最大事です。

そこで手を挙げられたのが
先日、講演会で来てくれた
折笠農場、折笠さんの血縁の
折笠和也さん
銀座でフレンチのお店をされています。
http://r.gnavi.co.jp/a508300/

そしてこのほどお肉となり!
そのお披露目の会!

DSC_0072.jpg
驚くことに、生産者は
私が学生時代にもお世話になった熊本阿蘇の井さん!
井さんの説明で会が始まりました。


DSC_0144.jpg
こちらがそのお肉。シェフも相当気合いを入れられていました!
(ごめんなさい!料理の写真がない!)
いろいろな部位を、おいしい料理に研究され、
おどろく料理もありました。
正直なところ、私牛肉はあまり得意でないのですが、
フルコースをいただいて、まったくもたれず、牛肉は
こんなにバリエーションがあるのか!と驚かされました。


DSC_0130.jpg
一番右が
折笠和也さん!
この方がいらっしゃらなければ、この事業は始まりませんでした!
右から二番目が井さん。
左の男性は、、、




DSC_0153.jpg
驚いたことに、
農林水産大臣政務官の舟山康江さんもいらしてました。
本当に一生懸命に各方面の問題に取り組まれています。
国産飼料やそれに付随する問題もです!



DSC_0135_20100207173730.jpg
そして先ほども
折笠和也さんといっしょに写っていた方そう
副総理大臣 財務大臣の管直人さんです。

これにはかなりたまげました。まさかいらっしゃるとは!
20分ほどお話しする機会をいただきました。

かなり具体的なお話を含めてお聞きしたり質問させていただいたり
私の感想は「ふつうのおじさん」でした。
その普通さを醸し出すものは、、?
本当に日本を良くしたいと願い想いだと
感じました。



DSC_0150.jpg
そして、井さんを応援してくれている
藤岡弘さん。いや~びっくり、だって、憧れでしょ!
お会いしてからしばらくは、ずっとものまねしてました(笑)

藤岡さん、本気です。
本気で日本の食や農について取り組まれる気概がおありになり
すでに実践、結果もだされてます。
やっぱり!ヒーローです!


こういった方がいらっしゃるとはつゆ知らず
とっても興奮の一日でした。

兎にも角にも
国産飼料100%でここまで形にされた
折笠さん、井さんそして関係者の皆様に脱帽です。
感謝です。ありがとうございます。

そして、驚いてことに
写真を撮ってくれたのは、
井さんに帯同の方、
聞くと私の大学の後輩!
上尾篤史君!学生起業(といっていいのかな?)
「肥後のたまもの」をしています。
http://www2.ktokai-u.ac.jp/~tamamono/
ありがとう!



PS
牛肉を食べることについて論議は今日はしません。
整合性がない?と言われる方もいらっしゃるかも。
私の中では充分な整合性があります

22.2.7.記
スポンサーサイト
公にしていなかったのですが
実は講演会翌日も企画を立ててました。
(昨日の後援は、昨日だけ)

北海道から九州までつながりのあります
無肥料自然栽培実践生産者(広く出荷している)や
関係者にお声を掛けさせていただき、
無理を言って、、
結果、多くの方が1泊2日のこの企画にご参加くださいました。


1-251.jpg
こちらは、明石農園の畑。
固定種の三浦大根に沿って穴を掘り、土壌中を観察しました。
硬盤層と思われるところで、それぞれの大根に変化があります。


1-266.jpg
関野農園
明石さんと関野さんの畑は車で10分ほど。
とても近く
元の土質もほぼ同じですが、
違うのですよね。
良い悪いではなくて、その状態にあった管理が大切ということ。


1-259.jpg
現地勉強会参加の皆さまで一枚パシャ!
50名近くいらしたと思います。
ほんとにほんとにみんな素敵な笑顔!
とっても嬉しい!

↑ここまでDVDに収録予定です。

1-274.jpg
所を変えて、
今度は会議室を借りて、実践者たちによる発表会&検証
木村興農社の主任研究員 熊田浩生さんにお話をいただき


1-278.jpg
渋谷農園渋谷さん!
極粘土質における無肥料自然栽培について!


1-283.jpg
関谷農園 関谷さん!
まだ経営権がない中でどのように
無肥料自然栽培を行っていくか?
また、新規就農者への支援についても話してくれました。



RIMG1236.jpg
仙台から、菜園パーチェの八島さん。
新規就農して数年。昨年から無肥料自然栽培に切り替え
暗中模索の中、失敗談、打開策等を発表くださいました。


1-286.jpg
宮城から成澤農園の成澤さん!
人前でお話しされるのが得意ではないですが、、
実は、今年有機JASの部のお米品評会に
成澤さんが無肥料自然栽培米を出品されたら
ササニシキ全国3位!
ヒトメボレ全国4位!という
驚くべき結果!

無肥料自然栽培の可能性と勇気をもらいました。
質問殺到!



1-291.jpg
会津若松 アサクラの朝倉さん
無謀にも(笑)イタリアで無肥料自然栽培のオリーブを生産し!
今年の春先にその第一陣が入荷します!
その現状をお話しいただけました!


1-289.jpg
愛知県
棚宗サラダ農園姉妹さん
時期には
固定種無肥料自然栽培の貴錦(だったと思う)タマネギと
固定種無肥料自然栽培の碧南鮮紅五寸ニンジン
おどろくべき美味の無肥料自然栽培落花生など
多種生産されています。

今回の企画は、
まずは、無肥料自然栽培生産者の全国各地にいる皆さまが
「知り合って、お互いに電話できる関係をつくる」
という事を第一に考えました。

不備も多々あり、ご迷惑も多々おかけしたと思います。

でも、喜びの声と、御帰りの際の笑顔に
私自身もとてもうれしかった。

無肥料自然栽培の永続的、普及を願ってやみません。

22.2.7.記
野口勲氏&木村秋則氏講演会&パネルディスカッション開催!
主催:nico( http://nico.wonderful.to )

想い5年、開催決定から10カ月、実際の準備期間5カ月
念願の講演会を開催いたしました!
遠方からも多数ご来場いただき、感謝感謝です。
ふじみ野市・富士見市・三芳町そして川越農林振興センター様からそれぞれ
後援をいただき
598名の席数もすべてのチケット完売し当日を迎えました。

様子をご報告申し上げます。

1-5.jpg
驚くことに開演の90分前には外に列ができ始め、、


1-20.jpg
事前準備を充分にして受付責任者がしっかりと、それ以上にしていただき、
受付は順調~


1-19.jpg
無肥料自然栽培等の講演会を企画すると必ず、どこで買えるの?と聞かれます。
今回はnicoメンバーを中心とした
固定種、無肥料自然栽培のお野菜たちを販売いたしました。
大量に持ってきた野菜たち。完売でした!
みんなお野菜の味、どうだったかな~?
どんな食卓だったのか、興味シンシンです。


1-22.jpg
そのほかに、固定種の種、関連書籍の販売を行いました。
驚くほどの販売量に、講演会の成果を一つ実感してとてもうれしかった!



1-39.jpg
実際の講演会は
nico会長の挨拶があり開演!

4.jpg
まずは我らが野口さんの講演会!
タラコから宇宙にはじまり、F1、固定種、雄性不稔、GMそして無肥料自然栽培の可能性に至るまで
じっくり2時間。
やっぱり迫力あります。初めての方には、信じられない衝撃の事実ばかりです!


3.jpg
野口さんの講演会中に木村秋則さんが来場!
笑顔に圧倒されます、、!



6.jpg
598名超満員の会場。in埼玉県ふじみ野 勤労福祉センター



5.jpg
木村さんは全身全霊で、お話をされます。
その中にも笑いあり、驚きありのあっという間の2時間


1-159.jpg
そして、お二人の講演会の後には
パネルディスカッション!


1-177.jpg
nico副会長 関野農園 関野幸生さん
全面積、無肥料自然栽培6年目、固定種自家採種にて無肥料自然栽培を実証しています。

1-208.jpg
nico企画長 明石農園 明石誠一さん
新規就農7年目 無肥料は3年目。新規就農から無肥料自然栽培への転換。
そうとうな勇気が必要だったはずです!


1-150.jpg
木村秋則自然栽培研究会・北海道会長
折笠農場
折笠健(おりかさますらお)さん。
70町歩の面積で生産し、17町歩無肥料自然栽培
大規模の無肥料自然栽培について第一人者!


1-148.jpg
我らが野口さん!


1-173.jpg
そして木村秋則さん!


1-195.jpg
ナビゲーター(コーディネーター)は
nico会長
サン・スマイルの
松浦智紀 

以上の面々でのパネルディスカッション!
あっという間に時間が過ぎ!


1-224.jpg
関野さんの閉会挨拶を無事終えて、
長かったような、あっとう言う間だったような
やっぱり(笑)ながかった一日が終わりました。

内容について書いているといくらあっても足りません、、。
この日の様子は3月中旬あたりには
DVDとして販売をする予定です。
乞うご期待です!

来場の皆さま、講演者、パネラーの皆さんそしてなによりも
スタッフのみんな!ほんとにほんとにお疲れ様でいた
そしてありがとうございました!

22.2.7.記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。