上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は札幌です。
北海道では無肥料自然栽培の生産が急速に広まる予感が大です。
まだ始まりですがその、流通について話し合いに行かせていただきました。

話し合いの場所はこちら
RIMG2466.jpg
MOKUさん

RIMG2467.jpg
入ってびっくり。あまりにビックリして写真撮るのを忘れました。
札幌に行く機会がありましたらぜひ立ち寄りたい場所ですね!
食事できます!


RIMG2469.jpg
話もひと段落し~(話の内容は後日ね)

左の方がオーナーさん
日本縦断ゴミ拾い!をされた初代の方です~ 
とっても素敵な方です!奥村大亮さん
ぜひHPご覧ください

今後の展開にドキドキわくわくです!


スポンサーサイト
3日間の感謝セールありがとうございました。
たくさんのご来店をいただき、追われることもあり、しっかりと感謝の想いをお伝えできたのか
わからないのですが、うれしい限りでした!
ご支援いただきました問屋さん、メーカーさん、そして
みなさま ありがとうございました!

そして、セールが終わった翌日、、
一日に何度も止まってしまう事があった
冷蔵庫の交換です。

RIMG2459.jpg
8年間ありがとう。
冷蔵庫が初めて来たときの事は、今でもはっきりと覚えています。
うれしくてうれしくうて。
店に冷蔵庫がきた!って。(当たり前のようですけど、ほんとうれしかった。
サン・スマイルを創業してからの事を考えると夢のようでしたから、、)



RIMG2463.jpg

RIMG2474.jpg

きれいになった冷凍庫&新品の冷蔵庫の前で記念写真!(笑)

冷凍庫も室外機(冷凍機)の交換をしました。
冷凍庫とはなかなか掃除ができないので、今回はほんとに気持ちがよかった!
日曜日スタッフ4名掛かりでしたが、
結構時間がかかり、、
今はもうしっかり稼働しています。

オープンの冷蔵庫から
リーチインになりましたので、お客様には少しご不便をおかけするかもしません。
でも省エネになるので、エコです!

この冷蔵庫たちも、どうぞ大切に扱ってやっていただけたら幸いです!

クタクタでしたけど、この日もうれしい一日でした~


2010.06.07.記
2010.05.29 ぽんせん
セール最終日!
ポンセンをつくって、皆様にサービスさせていただきました。
その製造風景(動画)


サン・スマイル スタッフ へっぴり腰(笑) さより です。

危ないです。でもおいしいです!
富士食品の松本社長!ありがとうございました!


22.6.8.記
サン・スマイルの今のお店は5月24日生れ。
誕生祭(セール)の前なのでお客さんは少なく。。

ケーキでお祝い!

RIMG2410.jpg
スタッフの さより です。


RIMG2404.jpg
スタッフみんなで、火を消して~


RIMG2412.jpg
いただきま・・・ ん?

あっという間になくなってしまいました(笑)


今サン・スマイルはお蔭さまでとても忙しくさせていただいております。
お店でよく、こんなにたくさんスタッフがいるの?と言われますが、
一日20件を超えることもある発送業務
基本的にその一軒一軒は電話でのご対応。

その他、全国への卸業務、その他もろもろ、、同じ、店内で仕事をしているので
皆様にはご迷惑をおかけしております。

確かな食、常に自信をもってお届けできる食そして
生産者やメーカー、問屋ともども、お客様のそして日本のみなさな様の
健康と、幸福を願ってより進歩向上を目指していきます。

今後とも皆様方からの、ご指導、ご鞭撻を賜りながらサン・スマイルは
もっと皆様に喜んでいただける場所になりますよう
努力してまいります。

この地に来て8年。店がつぶれてしまような危機が何度もありましたが、
今こうして、毎日店をオープンすることができております事
心より感謝申し上げます。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ありがとうございます!

2010.6.5.記
来年のお正月用食材として無肥料自然栽培秋場農園の黒豆、ぎんてぼう、大正金時を
某社で扱っていただけることになりました。
そして、調理してくださるのは
京都の津乃吉さん
http://www.tsunokiti.com/

いちど、サンプルを送っていただいて、
びっくり、驚いたのなんなのって。
あまりの美味に言葉を失いました。
逆を言うと丹精込めて栽培されてきた生産者と
お豆、自然にお詫びの念も抱きながら、、
きみたちってこんなにおいしいのね。。

RIMG2132.jpg
こちらが津乃吉さん。
今回の出張は(も?)強行。
前日20時過ぎの電車に乗り、京都に着いたのは0時頃。
そして、ちりめん屋さんの朝は早い!
朝6時に現地に集合して、製造過程を見せていただきました。
津乃吉の代表吉田さん。この方が熱い!熱いなんてもんではない!
朝6時のテンションとは思えない!(笑)

裸一貫、調理の師を求めず独自に
道を切り開き、伝統にとらわれない技術を編み出してきた
吉田さん。



RIMG2120.jpg
こちらが、看板商品の ちりめん です!



RIMG2155.jpg
防腐剤の代わりに、自分で漬けた梅酒を使用します。
びっくり。



RIMG2200.jpg
御夫婦で写真。
奥さんは毎日4時半起き。

この日は、朝食まで作っていただいて幸せなひと時を過ごさせていただきました。

吉田さんには遠く及びませんが、相通ずるところを感じて幸せでした。
私に、課題もいただいたので、しっかりとお答えできるようにします!



RIMG2205.jpg
そして今度は12時前の新幹線に乗って広島へ。
あの時の約束です。今年の2月19日、20日(のブログ)に、広島での再会を約束した日。
そして、広島の漬けものと言えばここ!の山豊さんの工場見学会となりました。



RIMG2207.jpg
私の尊敬するティアの元岡会長が主役です。

漬物工場の中や、会議室、商品開発室、分析室などなど隅々まで見せていただきました。
えっ!ここまで見せてくれるの!?という企業秘密まで・・・

山豊さんの主力商品は「広島菜」です。
日本の三大菜といえば「広島菜」「高菜」「野沢菜」です。
うまい菜っぱです。

でも、ここでも理想と現実のはざまが大きくありました。
詳しくは書きません。


RIMG2262.jpg
夜の懇親会でも、
山豊さんが作られた無添加の粕ずけ(仁井田本家の粕漬け!)
福留ハムさんが塩と、料理酒(だけだったかな)で造られたハム!
もう絶品です!
ハムってこんなにおいしかったの!?
でも、数日しか日持ちがしないので、
流通はとても困難。

いや~でもこのハムは皆に食べてほしい。
次元の違う味でしたョ!


RIMG2269.jpg
懇親の場となり
日本の食文化をより豊かにしていくために
皆であつい握手を交わされ~

あっというまの、熱い熱い一日でした。


2010.6.7.記
2010.05.19 川原製粉所
「元気な八百屋ゆうきの会」主催
http://www.yuuki-yaoya.com/genki/index.html
麦茶製造メーカー都内にある、川原製粉所さんへ伺いました。

麦茶の製造工場に行かせていただくのは生れて初めて。
よく考えたらいままでいろいろなメーカーさんに行かせてもらってきましたが、
こういうのって、職業柄ですよね。なんだか当たり前になっていましたが、、
そう考えるともっと写真を撮ってくればよかった(反省)
RIMG2080.jpg
麦茶にだって、職人はいます。そのこだわりはすごい!
この窯を見てくださいよ。
ここでは2回焙煎最初は低温、2度目は高温で発火直前までの入りをします。
しかも砂利焼きです。

毎日、湿度や気温、原料などによって、いり方を変え、
安定した味や品質を出すというより、
その原料のもっとも良い所を引き出すことに心血を注がれています。
それには、職人の技がそそがれ、
みんなが喜んでくれる麦茶になります。
サン・スマイルでも発売開始しました。
ぜひお試しください!


RIMG2102.jpg
父と子、
後継者がいるって素晴らしい。

いろいろな職種で後継者問題はありますが、
自分の息子が、自分の仕事(生き方)を選んでくれることほど
うれしい事もないかもしれませんね。
<うらやましい!


RIMG2108.jpg
この工場には、看板がありません、、
かろうじてここに名前があったので撮っておきました(笑)

都内にこんな場所があるとは、驚きでした!


2010.6.7.記
2010.05.09
先日からご紹介しております
無肥料自然栽培のリンゴ園
http://matsuuratomonori.blog102.fc2.com/blog-entry-268.html

5月9日にぽっかり時間ができたので、行ってきました。

DSCF6304.jpg
あっという間に、様相が変わって草ぼうぼう。
草生栽培ですね~



DSCF6306.jpg
リンゴの実もこんな感じでかわいい。
ひとまず今年も実の形が出てきて来て、ホッとしました。


RIMG2052.jpg
課題の水はけ。
溝ほりしました。

砂質なので、掘るのは比較的簡単でしたが、私自身、、最近あまり外仕事は
していなかったので、もう気合いでした(笑)


RIMG2058.jpg
この園の前の園主、今の園主のおじいさんが作った土管などが
数か所で見つかり!
やはりきちんと水はけ管理をしていたのね。
管の掃除をして、活用できるようにしたててきました。

結局4列掘ったのかな?
完全な明渠になるか、どうか。
もう少しきちっと作ってきたかったけど、
体力の限界でした(笑)<現場ではそんなこと言えなかったけど

PS
後日談で、しっかり役割を果たしてくれているそうです!
よかった ホッとしました。

あ~よかった。
2010.05.07 甥っ子
サン・スマイル店長本道の息子・本道春樹(ほんどう はるき)です~
私の甥っ子がたまに店に来ます。

RIMG2045.jpg
いやいや、かわいいのなんのって。
自分の子もかわいいけど、やっぱ子供はみんな無条件に可愛い~

この子の為にも、仕事がんばらないとね!


2010年6月7日記
2010.05.01 硬度計の結果
先日伺いました 林檎農園のデータです。

横軸が深さ(cm)
縦軸は硬さ(kPa:キロパスカル)
です
私は、このデータをみるプロではありませんので、
あくまで、私の所感です
ニンジン横
こちらは、林檎園の横の家庭菜園ニンジン畑の硬度
しばらく耕起していないようですので、
ん~ 不耕起らしいく、土壌物理性を考えて作付けを
あまりか考えていないような状態なのかな。

11cm~硬盤層があるのが良くわかります
耕起した方が良いですよね。触った感じでも、
団粒化がほしいと思うような土でした。



20104.25.奥林檎西側
林檎の樹から3mくらいかな?離れた場所です。
ここは砂壌土のようです。
結構いい感じだと思いますが。
でも、腐食がすくないのかな?なんかそんな気がします。
ん~現場に行ってもう一回確かめてみたい。


2010.4.25.奥林檎北側(水)
こちらは、先日紹介した時に、水が出ていたところ。
砂土です。
なので、あまり参考にはならないですね。

でも、簡易データを見たときに、掘ってみたくなりましたので。
器械の手助けは大切ですが、
頼りすぎないで、人間の感覚も大切ですね。

砂土は、作物選びますけど、
いわゆる残肥を抜けさせるにはとてもよい土ですから
水の問題を解決したら、とても楽しみですね!


この硬度計も駆使して、無肥料自然栽培のリンゴが
「奇跡のリンゴ」ではなくて、
あたりまえのリンゴになれたらうれしい!

もうちょっと考察してみますね。

ご意見募集です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。