上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の地震では震度7ともっとも揺れを記録した宮城県登米地域
今週初めに電気もとおり、本格的な復旧作業が始まっています。
ビニールハウスでの生活を後に、今はご自宅で寝る事が出来てます。
ご心配いただきました皆様ありがとうございます。
また、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!


さて
原発事故に起因するさまざまなことは、
さまざまな情報が飛び交っています。

何が正しくて何が間違っているのか?
テレビなどマスコミで強調されていることが一般論とされていくことにも
とても危惧を感じます。

私自身はじめて原発問題に関する本を読んだのは中学生の時
多しか広瀬隆さんのチェルノブイリ事故に関する書籍でした。
その後、サン・スマイルでも脱原発運動を行ってきましたが
最近は「なるべく電気を使わない豊かな暮らし」の提案を行ってきたつもりです。

原発は日本のみならず世界中にたくさんありますが

●今後もリスクを覚悟で原子力発電所を使い続けることを認め、
 今まで通りの生活を望むのか
●原子力発電所をいらないと公言し、生活を変え実践するか

世界中の人類にとって
じっくりと考えアクションを起こす大変重要な時です
誰かの意見を参考にするのは大切ですが
一人一人がしっかりした意見をもつことがとても大切です。

私自身は原発反対は唱えません
原発の安全性に対しては唱えます

思うことは多々ありますが
多方で情報が飛び交っていますのでリンクをご参照ください。

●「原発がどんなものかしってほしい」
●産婦人科医 竹内正人
●武田邦彦 (中部大学)
●都道府県別環境放射能水準調査結果
●原子力資料情報室
●東大病院放射線治療部門

(リンクは無断リンクです。問題ありましたらお申し付けください)
スポンサーサイト
成澤さんからメールが届きました。
まだ電機は復旧していないようですが、
備蓄の軽油を駆使して携帯を充電されたようです。

110317_1107~01
成澤さんの自宅は何とか無事ではありましたが、家には寝泊りできず、
ビニールハウス(上記の写真)で寝泊まりされています。
暖房の燃料は備蓄で賄っているとのこと、、

昨日、一人数点の購入と制限されたスーパーで娘さんが4時間並んで食糧を購入されたとのこと
その後、成澤さんたちより被害の大きかった人たちにその食糧を差し上げたとのことでした。

埼玉にいる私たちはなんと恵まれていることか。

私の社会における役割は、自然食や雑貨などを必要としていただける方に
スムースにお届けさせて頂くことと自負しています。
世間では何が真実かわからない、、と困惑されている方もいらっしゃいますが、
宮城の佐々木昭吉さん、成澤之男さんはじめ私と同じ思いです。

何があってもこの地で貫きますので、皆様ご安心くださいね!

私たちの ふるさと 日本の皆様が一日も早く、笑顔が戻って
よりよい社会の構築へ向かいますように。



http://www.youtube.com/watch?v=IxUsgXCaVtc

私たちは、大きな愛に包まれています
何があっても感謝を忘れずに
生産者の安否につきまして

宮城県古川の佐々木昭吉さんご一家
宮城県登米の成澤之男さんご一家
宮城県仙台の八島健一さんご一家

無事が確認できました。ほんとによかった、、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。