上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弊社お取引のある
純正食品マルシマの 杢谷社長
尾道市山波町の直営小売店「ティ・ナ・ナの店長さん

全日本健康自然食品協会の事務局長さん
が一堂にご来店いただきました。


009_20120714170919.jpg
杢谷社長はかっこいいですよね。海外への日本の伝統食普及にも力をいれていらっしゃる
とても素敵な方です!


同日、数か月待ちでしたが、ついにサン・スマイルに 放射能測定器が導入されました!
022_20120714170919.jpg



分厚い鉛で覆われた測定器。小さい機会ですが重さは240kgです!
018_20120714170918.jpg



そしてこれが3×3インチシンチレーター!
025_20120714170917.jpg

毎日よく働いてくれています。

よく聞かれます。なぜ小さな一小売店のサン・スマイルでここまでするの?と・・・
それは、私の勝手な願いがあります。
もちろん、販売する野菜たちは私や子供たち、スタッフ等にも
安心して食べれるように。そして安心したものを皆さんにもお届けさせていただきたいという願い。

そして
特に地域の方に庭や近隣の土、砂場、学校の土や食材など
安価に測定させていただくことで、まずは
ご自身の係る場所の実態を把握していただきたい。
そしてもし計測された場合にはその対処法を行っていただきたい。
それが将来に後悔しない生き方につながるのでは・・・と思っています。

臭いものにはふたをする。ではなく、
臭いものにもきちんと向き合っていただきたい!と願います!

(全国各地から検体をお寄せいただいて測定しております)

測定の詳細はこちら



7月18日記



スポンサーサイト
バルナバクリニック
今回の目的はバイオノーマライザのはずですが
フィリピン滞在中ずっとこの施設の話ばかり。
マニラから3時間。マニラ西部にあるバタンガスという場所にあります。

この施設に行く前から、行くことによって何かを感じてほしい。という言った願いのようなものを
聞かされていました。
ただ、養護施設は日本にもたくさんありますしわずかながら支援的お手伝いもさせていただいています。
大震災においての復興においても足元の日本を考えると、果たして何か感じられるのだろうか?
お涙ちょうだい的なところは、私は嫌いです。みんな一生懸命なのですしね。
と思いながら訪問でした。

ただ行く前に、何か持っていこーと思ってある人に
子供服でいらない捨てるようなものない?と聞いたら あるある!と。
いただきに行ったら、、なんと海外用の結構大きなキャリーバックに入りきらない!
これは、、私の着替えが入らないじゃん、、でもまぁいいっか。ということで
たくさんの衣料品とおもちゃを持っていきました。

結果非常に喜ばれてほっとしました。
お涙ちょうだいや支援してあげる、そういった気持ちはいやです。
でも、困っているのも事実なので、自立への工程における
援助をぜひお願いします。
という事を言われました。すばらしい。

いろんな国があり、いろんな政策があり、
いろんな文化や、生き方がありますが、
それを「命」を中心に考えたときに一つのまとまりが見えてきます。
今回はそんな気持ちになりました。


065_20120421001100.jpg
迎えてくれた子供たち。
虐待を受けている子供。
再婚した義父にレイプされ妊娠してしまった子供と母親。
親から食事が与えられず、餓死を待つばかりで逃げてきた子供。
難病で医者に見放された子ども。
病院にかかるお金もなく死を待つだけの子供。
ただ遊びに来ている子供。
さまざまです。


116_20120421001330.jpg
クリニックに来る事が出来ない方のために訪問診療も行っています。
男性の方は、農家さん。
エイズと診断されそのご発症。地域の人も、地方の医師も近づこうとしません。
そんなときに、冨田さんと知り合い、バイオノーマライザーをただれた口腔に自身で塗り
なんと、快方へ。
いまでは、農作業もするように。
なんでか?わかりませんが、快方に向かっているようにしか見えません。

138_20120421001328.jpg
もう一軒伺いました。


139.jpg
10歳くらいの男の子でしょうか
筋萎縮性側索硬化症と日本でも難病指定されていると思います。
脳はしっかりしていますが、体中の筋肉がいう事聞かず
萎縮して麻痺していきます。
最終的に発症から数年で心筋が麻痺して亡くなってしまう病気です。
小さな家に5人家族。ご両親とはお会いできませんでしたが、その心思うに余りあります。
病院に行くお金もなく(もっとも何もできません)、冨田さんが
必至に看護されています。快方に向かってくれることを願うばかり。

私は、以前指圧治療院を開院して
多くの患者さんと治療に対峙してきました。
側索硬化症とは違いますが
パーキンソン病の方も可動域が広がったという実績はあります。
しかし、フィリピンの患者さんのそばにいる訳でもなく、
無責任な発言もできない。
治療してあげたいけど・・・

どうしたらいいのか?
冨田さんの御迷惑にならない範囲でのご支援を手伝わせて頂く事しかないと思っています。
継続的に長く行っていきたいと思います。
皆さんにもお手伝いいただきたいです。
店頭にてご案内させていただきますので、どうぞ
お願いいたします!


冨田さんは産婆さんです。
3日に1人ペースで子供を取り上げています。
その合間をぬっての支援活動です。

支援としては、その子供たちが生まれたときに
着る服。子供たちの服。くつ。問題なく使うことできるのあれば、汚れていてもよいです。
現地では、そのものの寿命が尽きるまで(ぼろぼろになるまで)使います。
電池を使わないおもちゃ。できればプラスティック製以外のおもちゃなどです。
(また改めて店頭にてご案内させて頂きます)


詳しい現場の話は→冨田さんのブログ バルナバクリニックの出来事

通信をいただきましたのでPDFにしました。
ぜひこちらもご覧いただけたらさいわいです!
●CFP(貧しい母子のための診療所)通信復活第1号!

●CFP(貧しい母子のための診療所)通信復活第2号!


6月にビザの関係で一度日本にいらっしゃるそうです!
その際講演会など行うようですので、みなさまぜひ!

2012.4.21記


三旺インターナショナル バイオノーマライザー社のご招待をいただき、
原料生産、製造しているフィリピンへ行ってきました!
バイオノーマライザーとはサン・スマイルで唯一扱っているいわゆる補助食品です。
今まで補助食品は扱っていませんでしたが、
放射性物質の関係での学術的な根拠含め今まさに必要!と判断し私自身も飲んでいます。

でもそんなに積極的にお店で進めているわけでもなく、、なんで招待されたんだろー
そんなにもうかっている会社なのか?と思いながらも
行くことにしました。
聞いてみたらなんと、赤字会社、、
なんで赤字?震災の復興支援含め、多大な支援の結果そうなってしまったと。
利益はださない。利益をよりよい社会のために使えるのなら
そちらに使う。そのために会社をしている!そういった理念の会社です。

なぜ私が誘われた?私は自分の会社として、個人として仕事以外の事をやっているつもりですが、
仲間を増やしていきたい!という山旺さんの意気込みです!



022_20120420233910.jpg
到着後さっそく原料生産の畑へ。
無農薬で栽培しているパパイヤ畑です。


047_20120420233737.jpg
こちらパパイヤのお花


025.jpg
高い抗酸化力を得るために、抗酸化力が高い状態の実のみ収穫します。
メジャーのようなものをもって、サイズを確かめながら一つずつ丁寧に収穫!

農場の動画はこちら


020_20120420233741.jpg
現地工場の工場長さん。
隠れていますが左の女性は、工場で働くフィリピン人の微生物学者。


045.jpg
ヤシの実ココナツを取ってきてもらい!


074.jpg
みんなでいただきましたー 暑いさなかほんとにおいしかったー
左の方が、三旺インターナショナルの社長さん!



167.jpg
こちらが現地法人。外国企業の工場団地にあります。


151.jpg
ISO22000取得。HACCPも。
すごい品質管理です。

153.jpg
こちらが、収穫仕立てのパパイヤをダイスカットしたもの。
これに大里先生が開発した菌で発酵!
製品になるまで10か月(だったと思う)熟成します!


2012.4.21記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。