上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.18 穴掘り大会!
ちょっと前の話ですが、9月14日に無肥料自然栽培関野農園さんの畑の穴掘りをしました。
穴掘りすることで土壌(土)の断面が見ます。
そして、今の土の状況を把握して次作以降の方針の一つにします。

IMG_2289.jpg
穴掘り前に・・・
以前もご紹介した大豆の種採り、だいぶ乾燥してきました。
奥さんが隣で、、葉っぱを落としてから吊るせばよかったのに、、
旦那さんが隣で、、そんな時間なかったじゃない!
といった感じでなかよしご夫婦です!(^^)!


IMG_2291.jpg
芽を出した大根。5角形にきちっと芽が出ています。
きれいですね~
この中から選抜(間引き)していって、最終的に一つにします。


IMG_2292.jpg
さて、本番の穴掘り!
今日のコンディションなどを書いて写真を一枚パシャリ!
私の字です。私は字が下手なんであしからず。
外気温29度午前11時。はれ。
トウモロコシを収穫し2月後くらい。

IMG_2294.jpg
50cmほど掘ってみました。
掘るのは結構簡単なんです。すぐできます。
根もちゃんと来てますね~


IMG_2297.jpg
5cmごとに温度計を刺し観察。
左は酸度&湿度計です。
観察した数字を関野さんのところに忘れてきてしまった、、
ですが、
20cmくらいのところで温度が下がり、
硬くなっています。
25cmでは温度が上がり、やわらかく。
これがいわゆる硬板層でしょうか。

IMG_2298.jpg
スコップをグサッと指すと、一回止まります。
(段差が見えるでしょ?)まさしくこの場所が温度が低い。

IMG_2304.jpg
土を触りながら固いところ、やわらかいこ所と掘り進めます。
さながら発掘調査のようです(*^_^*)

IMG_2315.jpg
すごいでしょ!こんなにはっきり。
下のほうに硬板層がないところはどうも、
サブソイラーが入ったところのようです。


IMG_2318.jpg
ブソイラーが入ったところ、掘っていないところを一列硬板層がないのかな?
その列に棒を差してみます。なんとなくですが、他とは違う!

IMG_2319.jpg
おどろくことに硬板層の下も団粒化構造がしっかりできています。


IMG_2320.jpg
最後に、白菜の苗。
こちらも自家採種無肥料です。いやぁすばらしい
松島白菜バンザイ!


考察をしなくてはなりません。
この日は、2か所をやって硝酸性窒素の残留分析もしようと思っていましたが、
その考察で時間がかかり、話が進み、、、
結局1ヵ所のみ穴を掘ったのみで分析もできませんでした。

農家の皆さんも穴を掘ってみることをお勧めします。

現時点では
好天が3日以上続いた後
同じ畑で同じ作物を栽培していて、成長や収量が違うところを二か所以上
機械のタイヤが入ったところは避ける
きちんと記録を取る。
道具はスコップ、移植ゴテ、はけ、カメラ、メジャー、温度計、記録用紙くらいかな。

穴を掘ると今まで見えなかったことが見えてきます。

農薬を使わない栽培、肥料を使わない栽培には
観察が一番大切です。

観察して観察して観察して草取りして。。これにつきます。


農業は非常に奥が深いものです。
この穴を掘ること、温度を測ること、残留窒素を図ることそのことに意味がないかもしれません。
でも、思い立ったらやってみましょうね。

そして、関野農園さんの畑はほんとに教科書とおりの
硬板層を見ることができました。
実際こんなにはっきりと硬板層が見えることはほとんどありません。

ですので、観察しましょう!

それと、栽培後2カ月もたつと根がかなり朽ちています。
あまりいい状態とは言えませんね。

私と同じ失敗は繰り返さないでくださいねぇ

地球を掘ってみよう!


PS
硬さを数字にするために硬度計を買おうと思ったら、、
60000円もする!(山中式)
精密機械なのでしょうけど、、手が出ないや。
ほしいなぁ
だれか使っていないのがあったら譲ってくださいな
Secret

TrackBackURL
→http://matsuuratomonori.blog102.fc2.com/tb.php/173-a3295d33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。