上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.25 熊本出張
23日24日と熊本に行っておりました。

熊本にある母校の恩師にあってきました。
マクロビオティック推進団体である正食協会の事務局長さんが
http://www.macrobiotic.gr.jp/
取材されるとのことで、一緒したいと声をかけていただき、同行。

IMG_2645.jpg
行くと、恩師の片野学先生(有機農業・自然農法などの大家)が
昼食をごちそうしてくれました。 先生の手料理+学生さんの手料理
最高のおもてなしをいただきました!

午前11時に研究室に行って別れたのは夜8時。
ここまで対応してくれることに感謝感謝ということと、
約8時間もの間、よくもまぁ話をしたなぁと・・(笑)

私の恩師は今年還暦。びっくりです。
毎回お会いするたびに新しい発見を頂けるので楽しみにしています。

古今和歌集から万葉集、道元、良寛さん、石塚左玄・・・環境問題から
食糧問題、日本国内の問題、人類進化の歴史、政治の歴史などなど・・
8時間もあると、それはそれは
深く話ができました。

現場・結果主義の恩師は理詰めでなくて、
どこまでも話が現場主義なんです。
「現場を知らない空想論ではだめだ!」と
なので波及する話としてはまだ聞き足りないけど、

農も食も環境もそれぞれの問題や現状を知れば知るほど
人類の存続は絶望的に思えてきます。でもそれらを認識したうえで
「地球の意思は地球を美しくしようと働いている。人間も作物も雑草も動物も昆虫も社会もあらゆるものがね。」
という言葉がなんとも印象的でした。

地球・宇宙的に俯瞰で美しさを考えることが、
今この場で実践すれば
自宅でも職場でも、畑でもトイレでもそれは
永続可能性につながるのかもしれません。

IMG_2647.jpg
こちらは、ご一緒した方と有望な学生諸君です。
右から三番目が片野先生。
いちばん右は、サン・スマイル地元輩出の2年生!
左三人は一年生諸君。
未来は君たちの行動いかんにかかわっている!
将来の日本そして世界をよろしくね!!

IMG_2657.jpg
翌24日は
熊本に本店のあるとっても素敵なお店&コンセプトです。
http://www.tia-ay.jp/
(写真はティアの家族の一員の「もったいない食堂」。熊本市民会館の中にあります)

元岡社長とお話するお時間をいただいて
外食産業という立場の中で何ができるのか?ということ。
(自己の立場をきちんと理解すること)
もちろん地球全体の永続可能性を考えてということもありますが、
行きつめると

「 や さ し い 食 事 」

という話がありました。

どんなに能書きがあっても最終的に
「やさしい食」であることが大切。

その「やさしさ」というのは、単なる人間的な優しさというよりも
なんというか、、
雰囲気なんですね。もとろん食べたときの「やさしさ」もね。
ただ食感とか、味とかいうだけの次元の話ではないんです。

過去私が大好きな佐藤初女さんに質問したことがあります。
私「どうしたらやさしくなれるの?」
初女さん「優しくなろうとしてなれるものではなくて、やさしさとはその人からにじみ出るもの」

元岡さんの会社のコンセプトはいろいろとありますが
「やさしさ」。

その「やさしさ」を強制することなく、自立的に社員にも醸し出し
結果、お客さんにも醸し出す。

その努力は並大抵ではないです。

それを食べて感じてしまったんです。
感動でした 「熊本揚げ」

この「やさしさ」というのは
外食産業だけに言えることではなく
「人間」←「地球・宇宙」という包含したもので言えると思います。

だから農業の現場でも。

それに
美しさも、やさしさも
「おいしいはしあわせ」につながりますから。

この世には素敵な方がたくさんいらっしゃる。
ほんとにうれしいです。


PS
ちゃんと(?)サン・スマイル卸部門の営業もしてきました。
Secret

TrackBackURL
→http://matsuuratomonori.blog102.fc2.com/tb.php/175-e3dc85b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。