上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.14 母本選抜
昨日(12月13日(土)は、野口種苗さん(http://noguchiseed.com/)の代表品種
「みやま小カブ」の母本選抜を野口さんはじめnicoのメンバー等で行いました。
9月13日に種をまいた時の様子は↓
http://matsuuratomonori.blog102.fc2.com/blog-entry-172.html

母本選抜というのは、種として
母親(父親もですけど)になる株を選ぶことから
母本選抜と言われています。


IMG_3695.jpg
まずは、野口さんの説明。
割れていたり、交雑の可能性があるもの等ははじくように。



IMG_3698.jpg
畑の全体の様子は↑ 無肥料でよく育ってくれています~
とちゅうイノシシの被害もありましたが軽微。
真ん中辺りは、くぼ地の影響か生育がよくありませんでした。



IMG_3702.jpg
全部で12人だったかな、、?
まずは、すべてのカブを抜いて、南側の斜面にそってきれいに並べます。



IMG_3705.jpg
明らかに、母本にならないものは間引いていきます。


IMG_3710.jpg
最終的には野口さんや、実際に自家採種を仕事でしている農家さんプロの目で
選抜していきます。



IMG_3708.jpg
このカブが植わっていた下となりの畑にも母本を移植することになり、
枯れ草を取って、みんなで整地。



IMG_3722.jpg
耕起して、さくを切ってそこに母本を置いていきます。
きれいですね(*^^)v

IMG_3729.jpg
数を数えたら、土に埋めていきます。カブの場合深めに植えます。
出ている葉っぱはほとんど枯れて新芽が新たに出てきて
春先に花を咲かせます~


IMG_3713.jpg
そして、もともとカブが植わっていた畑のカブはいったん畑の外に出して
草取りします。
青草のまま鋤きこんでしまうと、春先にアブラムシがたくさんついてしまう可能性があるので
極力、取り出します。



IMG_3726.jpg
写真だとわかりずらいのですが、この畑は傾斜がきつくて耕起も大変。


IMG_3731.jpg
同じく、並べていきます。
形などが揃っていればよいということでもなく(各地で栽培されている方は一概に言えません)、
多様性も大切です。野口さんがよく言われる最大公約数です。


IMG_3736.jpg
なかなか良い姿!


IMG_3739.jpg
こちらは、母本選抜した中でも とくによいもの。
畑の真ん中に活けることで、万が一ミツバチが来ても交雑の
危険回避になります。


IMG_3728.jpg
最終確認して、土をかぶせていきます。


IMG_3742.jpg
完成!


IMG_3744.jpg
日本人は集合写真を忘れません(私だけかな、、)

左から
野口さん・関野さん・園部さん・小野地さん・佐藤さん・熊田さん・金子さん
手前が関野さん(奥さん)

時間の関係で途中で帰られた
かぎろひの萩原さん
渋谷農園の渋谷さん
そして、写真に間に合わなかったお子さん連れの矢野さんご家族が映っていません


IMG_3748.jpg
こうやってカブと写真とればよかったなぁ、、という関野さんが言うので
写真とりました(笑)
でも、ほんと見事ですねぇ


IMG_3750.jpg
今日の成果を上から。いや~
来年の春楽しみです!



2008.12.12.水俣松本さん
それと、知人で
熊本水俣で無肥料等のお茶栽培をしている
先日11月22日&23日にブログにて「全国一斉お茶いっぱいの日」等でご紹介致しました
松本さんまたまた!12日の新聞に掲載されていました!

無肥料と記事にも載っています~
ほんと、うれしい!そして素晴らしいです!
Secret

TrackBackURL
→http://matsuuratomonori.blog102.fc2.com/tb.php/191-3910add0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。