上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道の秋場農園から写真の便りがきました。
北海道での収穫の最大問題は
「雪」「しばれ」です。
本年のように天候不順で収穫がズレ込むと
大変です。

寝雪が積もると、春から育ててきた作物は
収穫できずに終わります。

今は、ジャガイモと黒豆の収穫真っ最中。
その中で秋場さんから電話が逐一かかってきます。

もうだめだ!
今年は黒豆はあきらめるしかないか!?
今となって出来ることは

雪が降るのが後2日遅れてくれれば、、!
そのために祈って!と。

ほんとに祈るしかないんです。

で!祈りが通じたのか
その一時間後に雪がやみ、一日2時間の睡眠で仕事をこなして
収穫もほとんど終わりました。


そうすると、収穫物の選別はさておき
秋耕起を行います↓
091114_1238~01
北海道では一般的に、春融雪剤を畑にまきます。
融雪剤をまけば、早く雪解け、土壌凍結も解消され
いち早く畑作業ができるので、春に耕起することもできますが、
この「融雪剤」(雪を溶かす薬)を秋場さんも使わないので
秋耕起ができるかできないかで、来年の作に大きく影響します。
(甚大な影響です)

091114_1240~01

091114_1242~01
↑この程度の雪でしたらまだ、耕起(サブソイラ、プラソイラなども)できます。
でももうすぐ真冬。
土壌は地表から30cm以上凍結し、トラクターの歯が入らなくなります。
いまでも、土がぬかるむので、小型のトラクターを使用せざるを得ませんが。。


091114_1244~01
こちら秋場さんとお孫さん。
雪降って雪だるま~

こんなに嬉し顔されると
疲れが飛びますね!
Secret

TrackBackURL
→http://matsuuratomonori.blog102.fc2.com/tb.php/226-62f85d71
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。