上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.06 関野農園
埼玉県富士見市の関野農園。nicoの副会長でもあります。http://nico.wonderful.to/

関野農園は全面積無肥料自然栽培。今年で6年目(だったかな、。)
ほとんどの作物は固定種で、ほぼ自家採種をしています。
RIMG1005.jpg
こちらは、宮重ダイコン。青首大根の元祖ともいうべき固定種です!
種の出所は野口さんです!http://noguchiseed.com/


RIMG1011.jpg
今年は、全国的にも、日照不足や、低温、土壌の過剰湿度が問題です。
ここ一月、土が乾く時がないくらい。
無肥料自然栽培から、いわゆる残肥が減ってきた時、病気や虫には強くなりますが
今年は病気が多いですね。虫害は少ないですが。
白さび病がでてます。



RIMG1016.jpg
大根の土をほじってみると、なんだか年々強化されていく!?
団粒化構造。
団粒化は微生物活性の一つの指標とも言えます。
この微生物の活性や、微生物自体の有機体が植物に与える影響は
はかり知れません。


091210宮重大根母本
収穫をしながら種採り用の母本を選びます。
きれいですねぇ~ 宮重ダイコンは素入りも早いので、
素入りのないものからも、選抜していく必要があります。




RIMG1022.jpg
そして、土に埋めます。
ここから葉、茎が出て、花が咲き、種を取ります。まだ半年先の話ですけどね。



RIMG1023.jpg
自家採種していると、現れるのが交雑してしまったもの。
どう見ても聖護院ダイコンっぽい。
抜くのがもったいないので(笑)、ひとまず畑にそのまま置いておくことに。



RIMG1029.jpg
新松島2号白菜もこの天候の割に順調~



RIMG1035.jpg
こちらは、トンネルの中のみやまこかぶ~



RIMG1039.jpg
こちらは露地の春菊。根っこが畝にもびっしり。



RIMG1044.jpg
たまには(笑)働いている姿も写さなきゃ!(笑)ということで
関野さんです。
「固定種の自家採種を続けることによる無肥料自然栽培の考察」なんて題で
話をしたら1日で終わらないくらいでしょうね。
とても勉強されていて、すぐに畑で実証していきます。
もちろん過去には失敗もたくさんありましたよ。


RIMG1047.jpg
収穫した宮重ダイコン。
固定種は、形がそろわない。
一般的市場流通で大根は
10kgの箱に10本入りと決まっています。

固定種の場合にはそれは、100%できません。
具体的な新しい流通の形を作っていかないといけませんね~

21.12.13.記
Secret

TrackBackURL
→http://matsuuratomonori.blog102.fc2.com/tb.php/230-f272cac9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。