上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、自分自身の覚書と言う事で、
このブログは軽く流してください(笑)

今までいろいろな団体の設立や、理事、幹事、事務局、会長など
携わってきました。

一番初めに関わったのは
学生時代の委員会。
陸上部だったけど、なぜか文化委員長していて、
その時は、組織って全然わかっていなくて、
とっても周りに迷惑をかけながら
(いま思い出しただけでも恥ずかしいというか申し訳ない)
その中でも規約の改正案を提出したり、予算の申請をしたり
一生懸命でした。

そのご、いろいろと関わってきて、
会社、仕事としての組織はよいけど、運動体としての組織は好きではありませんでした。

ただ、生きていると、流れというものがあって
組織を作らざるを得ない状況になる場面があります。

それは、仲間たちから求められて作らざるを得ない状況。
「このままバラバラになりたくない」
「みんな一緒に想像していきたい」
そんな想いが根源だと思います。

そんなときに、団体をつくろう!という気持ちになります。

ただ、団体になる以上は責任がより発生します。
そして序列も発生します。
みんな仲良しなんて事は、責任の所在を不明確にするだけです。

それに、ボランティアだから好きな時に好きなだけ
手伝ったらいい。
なんて気持ちでは団体は永続的に成り立ちません。
(専従がいれば別でしょうが)
会社は、結果をあたりまえに出し続けなければなりません。

でも、ボランティアは違いますよね。
ですので、ボランティアはある意味(ある見方によって)で仕事よりも
責任は重いと感じます。

それがわからないまま団体を作れば、
解散する、しかも関係性が悪くなって解散することが多い。
打ち上げ花火ですね。

この団体は私に何をしてくれるのか?
ではなくて、この団体は何を想像できるのか?
というわくわく感が大切ですよね。

そうでないと、一部に負担が過度にかかりますしね。

ある方向性のもとで、みんなが一致団結して
成功へと全身全霊進んでいく。

その結果、成功しようと失敗しようとそんなことは
二の次で、そのプロセスがもっとも大切に
できるのも、(甘いけど)ボランティアのいいところかもしれません。

そしてその方向性と責任。
これがむつかしい。

昨日と今日で、いろいろな人とお会いしたのですが、
全く違う3人に言われました
「ゆるやかな つながり」っていうキーワード。

びっくりです。
たまにこんなことがあるのですよね。

だって
全然違う人に
20時間の間に
3人の人に
全く同じことを言われるなんて。

これは、私へのメッセージととるしかないでしょ(笑)

私自身、〆るところはしっかり〆て社会的信用が得られるよう、
そして、それ以外のところは緩やかに、基本的になんでも受け入れてきている
つもりでしたが、、

このメッセージは、
一個の団体の内部として見た時
自分の自我達成のための団体になっていないか、見つめなおさせられ

また
「団体」と「団体」の繋がりの事を主に示しているように感じています。
一個の団体=人格 は、
団体としての人格を保つためにある程度明確な目的を必要とします。
そうすると、その目的に
沿わない他の団体とは付き合えない。
(たとえ、他者から同じような目的の団体と思われていても)

でも、同じ人間である以上なにかしら重なる部分はあるはずで、
そのわずかでも、重なる部分において、協力できないものなのかな

例えば、地球温暖化防止の運動をしている団体は
たくさんあると思うけど、
なぜ、リンクしないのだろう?と傍目に不思議でしょうがない。

無農薬や無添加の食、食育を広めよう!としても、
一個の団体内部ではよくても、

団体同士仲が悪い。
ひどいとろこは、悪口を言い合う。


私思うんです。

みんな、現実を知らないような気がする。

事実の認識が甘い。

この地球環境が絶大に変化をしてきたら、
人類は滅亡するって言っているんですよ。

でも地球は残るんです。

地球に人類が生き残るために、
自分の子供や未来の子供たちが
笑顔で生存できるように

そんな地球を残したい

でも、目先にとらわれる。

地球温暖化についてはいろいろと言われていますが、
それはさておき、

例えば
地球が温暖化、寒冷化、気候の劇的変化で
人類の存続が危ういです。
一家庭当たり年間8万円だしてくれたら
この危機は乗り越えられますよ。

と試算がでても
そうはいっても~。って
批判というか、我がこととしてとらえない人がおおいでしょ。

これって、人類の存亡と、お金を天秤にかけている事例だけど
そんなにも、みんなお金が好きなのかな、、。

お金出せば、人類が存続できるなら、こんなに安いものないのに。

話がそれてきましたが、
団体どうしいがみ合うのって、
みんな幸せなだからなのかな?

切羽詰まって、いたら
いがみ合っている暇なんてないのに。

人間関係とか、過去の歴史を引きずることは
現実ありますけど、

可能なら、一部でも賛同できるなら
いい関係性を築きたいですよね。

皆人間で、家族がいて、多くの人が携わっていて
人間が人間を否定しちゃ、
存在を否定しては、ダメだよ。


我がままでない
自律と和合の調和
そんな、責任を果たしながらの
ゆるやかなつながりが
これから生れていくことを
願ってます。

そして私も目指します。
謙虚に。


私の感覚では、俯瞰的に
すべて世の中はいい方向に向かっている
気がします!
Secret

TrackBackURL
→http://matsuuratomonori.blog102.fc2.com/tb.php/240-d99578d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。