さて、早速
遺伝子組み換えに関する情報等です。

たまに、農林水産省のHPをチェックするのですが、
そのプレスリリースに

遺伝子組換えトウモロコシ及びワタの第一種使用等に
関する承認に先立っての意見・情報の
募集(パブリックコメント)について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/100330.html

がありました。
第一種使用ってなに?と野口種苗の野口さんにお聞きしたり、
http://noguchiseed.com/
調べておりましたら、

「カタルヘナ議定書」にのっとった第一種使用とのことでした。
http://www.bch.biodic.go.jp/bch_2.html

カタルヘナ議定書は、国際協定で
「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による
生物の多様性の確保に関する法律及び関係法令」 のこと。


第一種使用と第二種使用に分かれていて
●第二種使用
 実験室内での研究等の
「環境中への拡散を防止する意図をもって行う使用」

●第一種使用
一般ほ場での栽培や食品原料としての流通等の
「環境中への拡散を防止しないで行う使用」

ということ。

さらに
第一種使用には
 ●流通だけ認めるもの(日本は世界最大の遺伝子組み換え農産物消費国とも言われてます)
 ●流通と国内栽培を認めるもの
があります。

流通は以前からされいますから、驚きませんが
ここでの問題は【栽培】です。

学識経験者の聴衆はすでにクリアし、
最終的認可へのカウントダウンとなっている!

栽培を認めるか否かのパブリックコメントを
平成22年4月末まで、募集しています!
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550001193&Mode=0

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550001203&Mode=0

ぜひみなさん!
声を大にしていいましょう!!

それで、さらに調べたら
私知らなかったんです、、

すでに栽培が認めれている作物があることを!
しかもすごい種類!
http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/c_list/pdf/01v.pdf
大豆、なたね、とうもろこし、てんさいなど、、

花や、動物ではすでに流通しているのは知っていましたが、

これは知らなかった!

先週
農林水産省に電話で聞いてみましたら、
大豆などの作物の栽培は、把握していないとのことで、
実際栽培には至っておりませんが、

種苗会社がいつでも種を放出できる
段階になっているという事です!


パブリックコメントと合わせて
不明点は下記にどんどん電話してください!

農林水産省
消費・安全局農産安全管理課組換え体企画班・組換え体管理指導班
電話03-6744-2102

本件に関する詳細は
http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/index.html




切なる願いです
お願い!
これ以上、未来の子供たちに不安材料を残すのやめましょうよ!
Secret

TrackBackURL
→http://matsuuratomonori.blog102.fc2.com/tb.php/266-77258e78