上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.01 硬度計の結果
先日伺いました 林檎農園のデータです。

横軸が深さ(cm)
縦軸は硬さ(kPa:キロパスカル)
です
私は、このデータをみるプロではありませんので、
あくまで、私の所感です
ニンジン横
こちらは、林檎園の横の家庭菜園ニンジン畑の硬度
しばらく耕起していないようですので、
ん~ 不耕起らしいく、土壌物理性を考えて作付けを
あまりか考えていないような状態なのかな。

11cm~硬盤層があるのが良くわかります
耕起した方が良いですよね。触った感じでも、
団粒化がほしいと思うような土でした。



20104.25.奥林檎西側
林檎の樹から3mくらいかな?離れた場所です。
ここは砂壌土のようです。
結構いい感じだと思いますが。
でも、腐食がすくないのかな?なんかそんな気がします。
ん~現場に行ってもう一回確かめてみたい。


2010.4.25.奥林檎北側(水)
こちらは、先日紹介した時に、水が出ていたところ。
砂土です。
なので、あまり参考にはならないですね。

でも、簡易データを見たときに、掘ってみたくなりましたので。
器械の手助けは大切ですが、
頼りすぎないで、人間の感覚も大切ですね。

砂土は、作物選びますけど、
いわゆる残肥を抜けさせるにはとてもよい土ですから
水の問題を解決したら、とても楽しみですね!


この硬度計も駆使して、無肥料自然栽培のリンゴが
「奇跡のリンゴ」ではなくて、
あたりまえのリンゴになれたらうれしい!

もうちょっと考察してみますね。

ご意見募集です!
Secret

TrackBackURL
→http://matsuuratomonori.blog102.fc2.com/tb.php/276-87f292ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。