上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.12 お米の検査
今月10日から年内いっぱいお米の表示に関する農林水産省管轄の全国小売店調査が始まります。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kansa/070926_1.html

お米の検査?
今でもあるんです。偽証表示で産地や品種を偽る人がいるから!

サン・スマイルのお米は生産者の一件もののみ扱っています。
それをお客さんの前で入れ、精米し~お渡ししていますが、、
(精米機だって万全を期して前回精米のものと1粒も混ざらない残米ゼロというすぐれものを使っているのに!)

農協とのからみとかいろいろあって、検査を受けていないものも
あります。

そこで、ある生産者に今年こんな検査があるから、検査を受けてくださいね!といいましたら、、

そうしたら!農家さんから検査してもらおうと依頼したら専用の袋にいれなければななく、その検査員に「この米袋は防虫加工してあるから虫がわきにくいよ!」といわれたらしく、、
せっかく農薬を使わずに作ってきたのに!なんで防虫加工(いわゆる農薬)されている袋に入れなきゃいけないんだ!!、、、と、、

当然、そう思いますよね~
だって、農薬使わない栽培はホントにほんとにたいへんなのよ。
多分農業をやって事無い方にしたら想像を絶する大変さ。

でも、その袋に入れなくては検査が受けられず、最悪法人ではJAS法違反で一億円以下の罰金。

さ~どうする?

どうじよう、、

知り合いのお米やさんや農家に数件問い合わせ、、
対策を探る、、

5トンのフレコンでの検査もやってくれるはずだからそれでやったら?

袋にはたしか、、オレンジ(だったかな?とにかく色のついている)の紐が袋をしめるひもの中に混じっているのが、防虫加工済みのしるしだったきがするな~とか

そんな理不尽なことは到底戦うべき!とか

いろいろご意見いただきました。ありがたいことです。

結局は、農協出荷しないということで特別扱いでの検査が
可能になり、検査料は通常のなんと10倍ですが、
検査は受けられそうという結論に至りました。

いや~

おかしくない?この制度。
Secret

TrackBackURL
→http://matsuuratomonori.blog102.fc2.com/tb.php/62-f56b357f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。