FC2ブログ
2012.09.29 畑自慢
今年の5月から会社から徒歩2分のところの畑を1反ちょっと借り受けることができました!
自然回帰の大西さんはじめ、サン・スマイルのスタッフみんなで育てています!

581330_427692333940134_236653139_n.jpg
こちらはたしか、今年の6月くらい


020_20120929131218.jpg
これは現在です!
なにを栽培しているかというと、、

028_20120929131128.jpg
秘密です。わかったらすごい!


032_20120929131127.jpg
外は風よけに、ソルゴーまきました~



484133_427692503940117_1011150123_n_20120929131601.jpg
こちらも7月のサツマイモ


036_20120929131757.jpg
今は10月中旬の収穫を待つばかり!


041_20120929131555.jpg
そして、和綿を栽培してみました。

こんな感じです↓
045_20120929131559.jpg


042_20120929131558.jpg



040111111111111.jpg



120919_163441.jpg



120924_1713~01
実りの秋をむかえてらっかせいもたくさん!


048.jpg
畑にいると季節の移り変わりを直に感じますね~


農園の様子は自然回帰の大西さんのブログにたくさんUPさています(^_^)
2012.09.17 九州の巨匠
私が学生時代、
恩師の片野學先生が「環境保全型農業技術研究会」を立ち上げ、片野先生が会長
八代の稲本さん、宇土の加藤さん、阿蘇の中山さんが副会長
そして、与嶋と私が事務局(というか、事務仕事)をしていた時期がありました。
(皆さんと現在でもお付き合いがあります(^^) 加藤さんからは現在11月から7月まで柑橘をいただいています!)


001-1.jpg
こちらが現在の稲本さん。今年で無農薬歴30年
無肥料栽培歴は約27年の先達です!


037_20120919182731.jpg
九州では食用に養殖されていたジャンボタニシ(外来種)が一年で放棄され、田んぼに繁殖をはじめ
当初は大きな被害をもたらせました。

稲本さんと遠山さんがもしかしてこれは除草効果があるのでは?と初めて発見し、
研究に着手。現在ではご覧のとおり。
「ジャンボタニシ除草については稲本に聞け」私の中ではそうなっていますし、実際見学が
後を絶たないそうです。

現在はジャンボタニシと大和タニシが共存している田んぼになりました!
すばらしい!

078.jpg
こちらが、30年前初めて無農薬で始めた田んぼ。
この田んぼを見る度に、除草で苦労し、当時のことを思い出すと稲本さん、、
涙なくしては語れないご努力です、、。


081.jpg
夜になって!稲本さんのお米で作られた日本酒で乾杯!
稲本さんの農業にかかわってきた歴史と理念、これからなし得たい事など
じっくりお話をお聞きしながら、、、
それにしてもこのお酒飲みやすくてぐびぐび、、これはアブナイお酒!


082.jpg
表示もとってもすばらしい~

案の定、朝まで語る勢いだったのにあえなくダウン、、!

稲本さんの無肥料自然栽培米はH25年1月頃から限定出荷予定です!


2012.9.19記
(前回のブログまで一気に5か月分UPしました。コメントが少なくてごめんなさい、、)


9/11~13日まで
無肥料自然栽培に係る方々限定で
北海道の先駆者へ

002_20120919182648.jpg
中央の方が十勝 折笠農場の代表折笠さん 体調崩された今は息子さんが中心ですが
その御威光(笑)は御健在です!

089_20120919190025.jpg
息子さんの健さん
現在 自然栽培研究会北海道の会長も務めていらっしゃいるリーダー!


072_20120919182647.jpg
とてもいい感じで生育しているようです!
小豆びっしり(^^)v



001_20120919182646.jpg
十勝ヒルズさん
なんと
無肥料自然栽培で野菜やリンゴを栽培し、それを施設内のレストランで
提供するというプロジェクトをすでに始められています!
(すべてではありません)
十勝へ行かれたらぜひお立ち寄りください~お料理もとてもおいしかったですよ(^^)


032.jpg
木村秋則さんもいらして、植樹もされたそうです!




087.jpg
移動して~ 訓子府の伊藤さん。御健在です!こんな風に年を取っていきたいな~
そう思わせます、、!
バックはニンジン!出来も素晴らしいです!



049-2.jpg
そして私が卸売業に入るキッカケにもなった
秋場農園秋場さん。
ジャガイモの出来にご満悦! 
こんな素敵な笑顔は、お付き合いして10年以上になりますが初めて見ました(^^)


079_20120919182734.jpg
昨年の大凶作から今年は、実ってます! 北海道農業は収穫するまでわかりませんが
豊作祈願してます!


126.jpg
参加いただきました皆様で
秋場農園 無肥料自然栽培をはじめて始めた畑をバックに記念写真。
もう60年です。

先人たちの畑を拝見すると、土壌栄養素収奪の問題はどこにあるのだろう?と、
今になってもやっぱり不思議です。(もちろん技術はあります)


今回の視察で感じたことは、私ごときがいうのもおこがましいのですが
やっぱり人だよな~という事です。
今回お伺いしたみなさん今迄と一段と雰囲気が変わっているように感じました。

なにがかわったか? こんな時言葉が邪魔になるんですけど
雰囲気です。人当りと言うか 感謝が増幅されていると言うか そんな感じです。
その雰囲気がそのまま畑にもでていると感じるのです。

今迄もとてもすがすがしい畑でしたが、
今迄にもまして母なる大地を感じるすばらしい大地を感じました。

今年も、農産物がとても楽しみです。
こんな大地から生まれる命は私たちにどんな豊かさや、喜びそして
おいしいしあわせをもたらせてくれるのでしょう!

私もはやくそんな人間になりたいと希う次第です、、。

でも、そんな命の架け橋の中で仕事ができるなんて
私も、サン・スマイルみんなとっても幸せです!

すべてに感謝します!

2012.9.19記
2012.07.18 そよかぜ~
そよかぜ~
そよかぜ農園さんです~

003_20120719195257.jpg
自作で出来る事は自分で!
農機具庫も自作です!


005_20120719195256.jpg
と~っても素敵な奥様。
いつも二人で農作業です~



011_20120719195255.jpg



023_20120719195254.jpg



037.jpg



063_20120719195407.jpg



053_20120719195408.jpg



073.jpg



015_20120719195255.jpg
新婚の 大谷ご夫妻! 末永くお幸せに!
そして、おいしい無肥料自然栽培野菜これからもよろしくお願いいたします(^^)
2012.07.17 益子方面へ
今年からお世話になっております 栃木の綱川さん
031_20120719194726.jpg



006_20120719194726.jpg



044_20120719194725.jpg
こちらは初めて見ました~ 他の除草道具です!


067_20120719194724.jpg
これからも末永くよろしくお願いいたします(^^)v



その後、生命農法研究会 高橋さん宅へ。
116_20120719194723.jpg



072_20120719194720.jpg

095_20120719194747.jpg
サン・スマイルでは高橋さんの「丈夫卵」販売しております!ぜひお試しください(^^)v


111_20120719194745.jpg
今年の1月2日に高橋さんの御主人様が急死され
のこされた、奥様ご兄弟で一生懸命養鶏、畑をされています。
皆様ぜひご支援お願いいたします!

高橋丈夫さん生前に出版が決まっていた著書も
その後出版されました
必読です!
農業の常識は、自然界の非常識

生命農法

二冊お勧めです~
2012.06.27 小黒農園
昨年からお世話になっています
004_20120714172428.jpg
山梨県標高1200m小黒農園さんです~


013_20120714172427.jpg
この時期でレタスができるなんてさすが高冷地!
無肥料自然栽培でのレタスもほとんどないのに、すばらしい!


053_20120714172427.jpg
こちらは、今年初めてお願いした 紫花豆~ がんばって 
おいしいお豆になって 食卓に笑顔をくださいね(^^)



061_20120714172426.jpg
主力のトマト! 今のところ順調!




071.jpg
奥様の愛情たっぷりお食事までごちそうになり
とても幸せたっぷりになりました~


072.jpg
小黒一家さま これからもよろしくお願いします(^^)
小黒さんのお野菜を食べることができて、
そしてお客様にお届け出来る事はとってもうれしいです!

001_20120714172255.jpg
サン・スマイルで一番のおすすめ醤油は
弓削多醤油の純生醤油。今回は食の学校さんの企画で伺わせて頂きました(^^)v
右側が当主の弓削多社長


019_20120714172254.jpg



023_20120714172253.jpg
作りは昔のまんま。
効率化を求めるとやっぱり味が落ちますし、添加物などの力を借りないといけません。

いちばん醤油の味が分かるのは、卵かけごはんという事で、この場所で食べる事が出来ます(^^)
美味しく食べるコツは
ご飯に醤油をかけてまぜる。
その後に卵を入れる。
です。
ぜんぜん風味が違うのですよ~ お試しください(^^)v


026_20120714172253.jpg
名前忘れてしまいましたが こんな大豆ゆるきゃらまで作って普及にいそしんで~


036_20120714172252.jpg
そんな弓削多社長、お人柄、商品含め私は大好きです(^^)

サン・スマイルの冷蔵庫で皆様の食卓へ上がることを心待ちにしております!



2012.06.04 工藤公康さん
なのと、工藤公康さんに関係のある方からご招待いただき、
ゴルフにいかない?とお誘いを頂きました。
私は、ゴルフできないので、、義兄に声をかけ私はついて行きました~

20120604-_007.jpg
なんと工藤遥加さんと同じ組で回らせて頂きました~(^^)v



20120604-_073.jpg
工藤さんとのショットで義兄仲間もご満悦~

ありがとうございました(^^)

5月20日 「協同まつり」 IN 埼玉西部のご案内 - いま、「協同」が創る2012全国集会
と言うイベントで
鎌仲ひとみさんの「内部被ばくを生き抜く」を上映しその後、
鎌仲さんとパネルディスカッションをする機会を頂きました。

001_20120714172102.jpg

鎌仲さんの事は、各方面から存じ上げておりましたが、どのような方かわからず、、
最初はとても緊張しましたが
お逢いすると、なんととっても暖かい包容力のある方でした!

実行委員の皆様誠にありがとうございました!
お役にたてたか分かりませんが、精一杯がんばりました~

ジョンムーアさんが近隣農家へ訪問。ご案内させて頂きました。

002_20120714172012.jpg



005_20120714172011.jpg
土ソムリエの娘さんが真剣に土壌診断!


025_20120714172010.jpg
種の世界が当たり前にもっと知られると、もっと
しあわせになれると思うのだけどな~

こんなにおいしい、固定種の野菜たち
皆に食べてほしいです~

2012.9.19記


IMG_0294.jpg
私の出張中に~ イタリアからお客様が!
ジロロモーにアルチェネロの皆様。イタリアオーガニック栽培、加工推進の第一人者たちです!
いつも大変お世話になります(^^)/


002_20120714171924.jpg
そしてサン・スマイルで始めた畑。
約1反(300坪)ちょっと、全面草だらけをみんなで除草!

2012.9.19記


2012.05.11 上五島 2
006_20120714171708.jpg
イカイカイカ!
網で採った以下と、一本釣りの以下は、ぜんぜんちがう!
こちらは一本釣りのいか!
体力を消耗していなく、体も痛んでない~味も全然違うそうです!


019_20120714171707.jpg
そして、なんと、マグロの養殖場へ船で案内してもらいました


025_20120714171706.jpg
えさは、、なんと漁をして売り物にならない小魚など、、
天然魚!
なんと贅沢な! いわゆる固形飼料(エサ)などは一切与えていないとのことです!
ビックリ!


028_20120714171705.jpg
みんなで、魚(ごはん)をいけすに~
そうすると、大量のマグロが!



049.jpg
その後はうどんの製麺所へ伺いました~


090_20120714171703.jpg



101_20120714171800.jpg


IMG_3167.jpg
この度は大変お世話になりました。
ブログのUPが全然できず、ひとまず写真だけでも、、ということでUPさせて頂きました!




104.jpg
帰りは舟で、、なんと波の高さ4m、甲板まで波が来てました
こんなの初めてで いやいや怖かった~


108.jpg
福岡についてマキイさんのお店でいっぱいごちそうになり~
帰路につきました

大変お世話になりました(^^)/

2012.9.19記
2012.05.10 上五島 1
食の学校の企画で五島列島に!
上五島。役場の方、教育委員会の方、地域のメーカーの社長さん、たくさんの方の歓迎をいただきました!

012_20120714171247.jpg
到着早々に魚市場へ。

現場に行くとわかることがたくさんあります。
食世界はほんと奥が深いというか、驚かされることばかりです。
上の写真は以下の箱詰め風景です。
右と左色が違うでしょ。
鮮度の違いではないのです。
一本釣りか網とりかの違い。
味も違うそうです。
やっぱりおいしい命をいただくには、手がかかるのですね。
もちろんそれは価格にも影響しますが、
命を大切にいただくならやっぱり一本釣りがいいですね!


019_20120714171245.jpg
私は魚にはくわしくないです、、見たことない魚が。
魚の名前を言われてもすぐ忘れてしまいいますが高級魚らしいです。


038_20120714171244.jpg
セリが始まる前で、市場はとてもにぎわっていました。
海が荒れていないときはもっとたくさんの魚があがるそうです!


043_20120714171243.jpg
初めて訪問させていただいた上五島。
日本にこんなところがあったなんて・・・私は高知県以外の件はすべて訪問したことがあるのですが、
上五島はカルチャーショックでした。
そんなに大きな島ではありません。海と山しかありません。
畑も田んぼもほとんどないのです。
海と山だけ。畑田んぼに行く機会はたくさんありますし、私自身それが専門ですので
ほんとに驚きました!
一生に一度は行かれることをお勧めいたします!


044_20120714171242.jpg
こちらは、お塩つくり工房。



059.jpg



077_20120714171412.jpg
こちらはアゴ(とびうお)!焼いてダシようにします!



089.jpg
マキイさんがチャレンジされました(^^)





100.jpg
その後は椿油の体験工場に伺い~ みんなで体験しました~


109.jpg




112.jpg




113.jpg




116_20120714171512.jpg




118.jpg



145.jpg



147.jpg



155.jpg


169_20120714171545.jpg
地元の名産を頂き、ご満悦のみなさんでした~

大変お世話になったのに端折ってごめんなさい。。
2012.9.19記
九州出張です
まずは鹿児島空港へ。

002_20120714171113.jpg
飛行機内、上空はやっぱりそれなりの線量ですねー(γ線だけ)


008_20120714171112.jpg
こちら(株)下堂園の中嶋さん。大きなお茶の問屋さんです。
自社農場もあり、そこでは無肥料自然栽培をされています!


021_20120714171111.jpg
無肥料自然栽培の茶葉は厚みがあってしっかりしています。
色もほんとにすがすがしい色です
036_20120714171110.jpg



039_20120714171109.jpg
製茶工場もあります。
このおじさんは、お茶博士。社内でもこの方しかできない製造技術があり
このおじさん専用の製茶スペースもあるんですよ~

無肥料自然栽培の茶葉はふつう栽培とは、全くと言っていいほど違う性質があります。
お茶の世界はものすごく肥料を使用します。
産地では窒素による地下水汚染が激しいものです。

地下水汚染をストップしようと肥料を減らした結果
おもった味や色が出ず、大手のユーザーが購入拒否するという事態になりかけました。
結局、肥料の使用量は減っていません。

お茶って嗜好品ですけど
緑で渋みがあって・・・というのはほんとじゃないんですけど
黄金色っていうのがいい茶葉なんですよね
ただ、
嗜好品だから難しいところですよね。
ペットボトルのお茶は緑ですし。お茶は緑だと多くの方がそう思ってますしね。

中嶋さんこのジレンマを何とかしてくださいね!



043_20120714171108.jpg
初体験でお茶市場に行きました。お茶の出荷最盛期でどこもかしこもお茶だらけ。
知らないことってまだまだたくさんありますね。


7月18日記
弊社お取引のある
純正食品マルシマの 杢谷社長
尾道市山波町の直営小売店「ティ・ナ・ナの店長さん

全日本健康自然食品協会の事務局長さん
が一堂にご来店いただきました。


009_20120714170919.jpg
杢谷社長はかっこいいですよね。海外への日本の伝統食普及にも力をいれていらっしゃる
とても素敵な方です!


同日、数か月待ちでしたが、ついにサン・スマイルに 放射能測定器が導入されました!
022_20120714170919.jpg



分厚い鉛で覆われた測定器。小さい機会ですが重さは240kgです!
018_20120714170918.jpg



そしてこれが3×3インチシンチレーター!
025_20120714170917.jpg

毎日よく働いてくれています。

よく聞かれます。なぜ小さな一小売店のサン・スマイルでここまでするの?と・・・
それは、私の勝手な願いがあります。
もちろん、販売する野菜たちは私や子供たち、スタッフ等にも
安心して食べれるように。そして安心したものを皆さんにもお届けさせていただきたいという願い。

そして
特に地域の方に庭や近隣の土、砂場、学校の土や食材など
安価に測定させていただくことで、まずは
ご自身の係る場所の実態を把握していただきたい。
そしてもし計測された場合にはその対処法を行っていただきたい。
それが将来に後悔しない生き方につながるのでは・・・と思っています。

臭いものにはふたをする。ではなく、
臭いものにもきちんと向き合っていただきたい!と願います!

(全国各地から検体をお寄せいただいて測定しております)

測定の詳細はこちら



7月18日記



バルナバクリニック
今回の目的はバイオノーマライザのはずですが
フィリピン滞在中ずっとこの施設の話ばかり。
マニラから3時間。マニラ西部にあるバタンガスという場所にあります。

この施設に行く前から、行くことによって何かを感じてほしい。という言った願いのようなものを
聞かされていました。
ただ、養護施設は日本にもたくさんありますしわずかながら支援的お手伝いもさせていただいています。
大震災においての復興においても足元の日本を考えると、果たして何か感じられるのだろうか?
お涙ちょうだい的なところは、私は嫌いです。みんな一生懸命なのですしね。
と思いながら訪問でした。

ただ行く前に、何か持っていこーと思ってある人に
子供服でいらない捨てるようなものない?と聞いたら あるある!と。
いただきに行ったら、、なんと海外用の結構大きなキャリーバックに入りきらない!
これは、、私の着替えが入らないじゃん、、でもまぁいいっか。ということで
たくさんの衣料品とおもちゃを持っていきました。

結果非常に喜ばれてほっとしました。
お涙ちょうだいや支援してあげる、そういった気持ちはいやです。
でも、困っているのも事実なので、自立への工程における
援助をぜひお願いします。
という事を言われました。すばらしい。

いろんな国があり、いろんな政策があり、
いろんな文化や、生き方がありますが、
それを「命」を中心に考えたときに一つのまとまりが見えてきます。
今回はそんな気持ちになりました。


065_20120421001100.jpg
迎えてくれた子供たち。
虐待を受けている子供。
再婚した義父にレイプされ妊娠してしまった子供と母親。
親から食事が与えられず、餓死を待つばかりで逃げてきた子供。
難病で医者に見放された子ども。
病院にかかるお金もなく死を待つだけの子供。
ただ遊びに来ている子供。
さまざまです。


116_20120421001330.jpg
クリニックに来る事が出来ない方のために訪問診療も行っています。
男性の方は、農家さん。
エイズと診断されそのご発症。地域の人も、地方の医師も近づこうとしません。
そんなときに、冨田さんと知り合い、バイオノーマライザーをただれた口腔に自身で塗り
なんと、快方へ。
いまでは、農作業もするように。
なんでか?わかりませんが、快方に向かっているようにしか見えません。

138_20120421001328.jpg
もう一軒伺いました。


139.jpg
10歳くらいの男の子でしょうか
筋萎縮性側索硬化症と日本でも難病指定されていると思います。
脳はしっかりしていますが、体中の筋肉がいう事聞かず
萎縮して麻痺していきます。
最終的に発症から数年で心筋が麻痺して亡くなってしまう病気です。
小さな家に5人家族。ご両親とはお会いできませんでしたが、その心思うに余りあります。
病院に行くお金もなく(もっとも何もできません)、冨田さんが
必至に看護されています。快方に向かってくれることを願うばかり。

私は、以前指圧治療院を開院して
多くの患者さんと治療に対峙してきました。
側索硬化症とは違いますが
パーキンソン病の方も可動域が広がったという実績はあります。
しかし、フィリピンの患者さんのそばにいる訳でもなく、
無責任な発言もできない。
治療してあげたいけど・・・

どうしたらいいのか?
冨田さんの御迷惑にならない範囲でのご支援を手伝わせて頂く事しかないと思っています。
継続的に長く行っていきたいと思います。
皆さんにもお手伝いいただきたいです。
店頭にてご案内させていただきますので、どうぞ
お願いいたします!


冨田さんは産婆さんです。
3日に1人ペースで子供を取り上げています。
その合間をぬっての支援活動です。

支援としては、その子供たちが生まれたときに
着る服。子供たちの服。くつ。問題なく使うことできるのあれば、汚れていてもよいです。
現地では、そのものの寿命が尽きるまで(ぼろぼろになるまで)使います。
電池を使わないおもちゃ。できればプラスティック製以外のおもちゃなどです。
(また改めて店頭にてご案内させて頂きます)


詳しい現場の話は→冨田さんのブログ バルナバクリニックの出来事

通信をいただきましたのでPDFにしました。
ぜひこちらもご覧いただけたらさいわいです!
●CFP(貧しい母子のための診療所)通信復活第1号!

●CFP(貧しい母子のための診療所)通信復活第2号!


6月にビザの関係で一度日本にいらっしゃるそうです!
その際講演会など行うようですので、みなさまぜひ!

2012.4.21記


三旺インターナショナル バイオノーマライザー社のご招待をいただき、
原料生産、製造しているフィリピンへ行ってきました!
バイオノーマライザーとはサン・スマイルで唯一扱っているいわゆる補助食品です。
今まで補助食品は扱っていませんでしたが、
放射性物質の関係での学術的な根拠含め今まさに必要!と判断し私自身も飲んでいます。

でもそんなに積極的にお店で進めているわけでもなく、、なんで招待されたんだろー
そんなにもうかっている会社なのか?と思いながらも
行くことにしました。
聞いてみたらなんと、赤字会社、、
なんで赤字?震災の復興支援含め、多大な支援の結果そうなってしまったと。
利益はださない。利益をよりよい社会のために使えるのなら
そちらに使う。そのために会社をしている!そういった理念の会社です。

なぜ私が誘われた?私は自分の会社として、個人として仕事以外の事をやっているつもりですが、
仲間を増やしていきたい!という山旺さんの意気込みです!



022_20120420233910.jpg
到着後さっそく原料生産の畑へ。
無農薬で栽培しているパパイヤ畑です。


047_20120420233737.jpg
こちらパパイヤのお花


025.jpg
高い抗酸化力を得るために、抗酸化力が高い状態の実のみ収穫します。
メジャーのようなものをもって、サイズを確かめながら一つずつ丁寧に収穫!

農場の動画はこちら


020_20120420233741.jpg
現地工場の工場長さん。
隠れていますが左の女性は、工場で働くフィリピン人の微生物学者。


045.jpg
ヤシの実ココナツを取ってきてもらい!


074.jpg
みんなでいただきましたー 暑いさなかほんとにおいしかったー
左の方が、三旺インターナショナルの社長さん!



167.jpg
こちらが現地法人。外国企業の工場団地にあります。


151.jpg
ISO22000取得。HACCPも。
すごい品質管理です。

153.jpg
こちらが、収穫仕立てのパパイヤをダイスカットしたもの。
これに大里先生が開発した菌で発酵!
製品になるまで10か月(だったと思う)熟成します!


2012.4.21記
お蔭様でサン・スマイルは今年
15周年を迎える年となり、そしてふじみ野の店舗は10周年を迎えます。
いままでお世話になりましたすべての方々に心からの感謝をお伝えしたいと
地元の公民館を借り切ってお祭りを開催いたしました!
沢山のご来場心より感謝申し上げます!

005_20120308161356.jpg
開始前にスタッフで写真!
この日の為にハッピを揃えましたー
そして、沢山のメーカーさんのご協力ご支援ありがとうございます!


007_20120308161355.jpg
手作りのサン・スマイルマーク!かわいいでしょ!


042_20120308161354.jpg
入り口には富士見市の五月堂さんが駆けつけてくださいました
「玄米パンのほーかほかー」


036_20120308161354.jpg
沢山のお客様をお迎えさせて頂き
本当にうれしかったです。
昨年の震災から暗い社会でしたが
なんとか明るい社会へと、自分たちが出来る事がないだろうか、、
そんな想いもありながらの開催でした。
ご来場いただきました皆様ありがとうございます!


063_20120308161353.jpg
同じ会場内でミニセミナーを開催しました。
サン・スマイル創業秘話
サン・スマイル松浦智紀

玄米ダイエットのルーツはここにあり!
ムソー 藤井寿人

指圧と太極拳と食
サン・スマイル堀田卓郎

からだポカポカ梅干しパワー!
ムソー食品工業 野口昭夫

親も、子供も元気になる子育て!
サン・スマイル本道由樹子

摂らないで!トランス脂肪酸の話し
創健社青柳雅登

はじめましょうよ菜食生活!
かるなぁ余語啓一

雑穀パワーが元気を招く!
富士食品松本 剛

おばあちゃんの知恵!生姜湿布パワー!実演!
ムソー食品工業 野口昭夫

毎回ほぼ会場いっぱいの大盛況!




096-2.jpg
メイン講演会として
食品添加物「食品の裏側」の著者でもある
安部司先生にご講演いただきました!


116.jpg
開催二日間、なんと!ちんどん屋さんに来て頂き、
賑やかにふじみ野の街を練り歩いていただきました(^o^)
ステージ公演もあり!
すてきなちんどんでした!
ちんどんのご用命はこちら!
http://chindonya.net/




154.jpg
放射能につい良い体を作る!
医師の真弓定夫先生の御講演!



008_20120308161557.jpg
おいしいかお大募集!
お客様に おいしいしあわせ!を感じたときの絵を大募集したら
たくさんいただきました!
うれしい!


165_20120308161558.jpg
お越しいただきました皆様

メーカーさん問屋さん
スタッフの皆!ありがとう!
サン・スマイルますますがんばります!

今後ともご指導ご支援
応援どうぞお願いいたします!

2012.4.20記

わずかな量ではありますが、昨年無肥料自然栽培の農産物をイタリアに輸出させて頂きました。
その関係で、間に入っている商社さんからのお誘いがあり、
ヨーロッパ最大のオーガニック展示会に商品を出品してくれることになりました。
そして、私も行ってきましたー

008_20120308155716.jpg
海外に行ってよく思うのは、露天商がとても多い事。
日本みたいに規制は厳しくないようですね。活気があります!


013_20120308155716.jpg

017.jpg
それと、海外に行くと思う事は、自国の伝統的な食材を大切にしていること。
ドイツにおいてチーズ、ハム、ソーセージは日常的な食材です。
その種類の豊富な事!


024_20120308155715.jpg
いくつかオーガニック系のスーパーを見学いたしました。
ドイツではホールフーズの様な巨大マーケットはなく(法律規制)、日本でいったら
地元のスーパーの面積規模で展開しているところが多いようでした。
展開と言っても1社、1店舗から数店舗といった規模が多いとのことでした。



024_20120308155714.jpg
こちらは、展示会場!
展示会に出品できるのは、オーガニック認証をとったもののみ。(例外一部あり)
大きさは、ビックサイト全部が会場といったかんじ。
日本のfoodexやSMTSより大きい!


099.jpg
4つほどの会場で、頻繁にセミナーが開催。



013_20120308155930.jpg
アメリアさん。
ワイナリーの4代目当主ということ。
デメター認証をとってます(バイオダイナミック)
此のワイン、いままで飲んだことのない口当たりで
女性には大変喜ばれそうなワインでした
(わたしワイン苦手なんだけど、OKでした!)
一緒に入った方と無理を言って商社さんになんとか輸入できないか
交渉してもらいました!
サン・スマイルでも販売する見込みです!



036_20120308155928.jpg
ローカルな小さな自然食品店に行ってみたい!
というわがままを言って連れて行ってもらいました
ロータスというお店


041_20120308155929.jpg


057_20120308155929.jpg



040.jpg
イートイン、惣菜、生菓子製造、、やっぱりこれがあるといいですね!


034.jpg



044_20120308160153.jpg
スペインバルセロナへ
サグラダファミリア!時間がなくて
滞在時間10分!
でも入場料払って入って感動しました!
巨大な楽器なんですって!


103.jpg
カタロニアにある、自然食流通業者さんへ。
倉庫や、システムなど見学させて頂きました。
流通システムや、考え方等日本とことなることが沢山!
とても勉強になりました。



227.jpg
営業日(土日は休み)、営業時間等な法律で規制されていたそうです(今はないそうですが)
伝統あるお店はその名残を残し営業しています。
驚きは昼休みの長さ!
3時間近い昼休み!
この後皆でランチに行きましたが、なんと2時間半も。。
いつもランチは20分くらいで済ませる日本人には
ちょっと苦痛でした(笑)


003_20120308160553.jpg
ビオスプリット直営店へ
いろんなお店で「BIOの割合はどのくらい?」と質問すると90~95%という返答!
ビックリです。
それじゃ残りの5%はなに?と質問すると
「それは日本の食材だ」と、、、
なんと、、、


036_20120308160552.jpg



017_20120308160551.jpg



019_20120308160551.jpg



020_20120308160550.jpg



058.jpg



062_20120308160625.jpg



101.jpg

2003年から2010年までに世界のオーガニック市場は2倍に膨らんでいる
そのシェアは
北米が50%
ヨーロッパが47%
その他の国々3%
んーー

海外に行って思う事は、数字や規模に圧倒されることはありながらも
日本ってすばらしい!と思わされます。
規模も普及度合いも負けますが、根底の部分に於いては
どこの国にも負けない!
逆に、他の国々が心配になるほどです。

日本が、日本人である私ができること。
それを考えて実践していきます


2012.4.20記




















2012.02.15 菅原文太さん
日経の工藤さんからお話を頂き、
なんと!菅原文太さんと~ツーショット!

423247_330784353630933_100000981123132_957288_1768440734_n.jpg
竜土自然農園おひさまの里という農業生産法人を立ち上げられて、
その関係でお話しさせて頂く機会でした。


001_20120308155525.jpg
やった!
2012.02.01 理事会
木村秋則自然栽培に学ぶ会の理事会が加美よつばで開催されました。
それぞれの立場の中で会を運営していくのはとても難しいようですが、
みんな真剣ですから今後、とても楽しみです(^_^)v

理事会後には
001_20120308155128.jpg
長沼太一さんの田んぼへ、、と言っても、この日は大雪で雪雪雪ゆき!


005_20120308155127.jpg
こちらは苗床土を熟成中~
今年も、加美よつばチームはほんとに盛んです!



033.jpg
つづいて、我らが佐々木昭吉さん宅へ!私が20年前にこの道に入るきっかけになった方です。
植物性のみの堆肥を利用しています。





061.jpg
一面雪の畑に入っていき、、


062.jpg


063_20120308155124.jpg


065_20120308155303.jpg






066.jpg




雪の下白菜!




こんなふうに収穫するなんて!
甘味が載ってとてもおいしかったです~

木村秋則さんが代表を務める
木村興農社主催の会議が弘前でありました。
全国から80名近くの方があつまり、熱い議論を重ねました。

001_20120308154854.jpg
木村秋則さんにたよらない、自然栽培の普及を。
基本的にそれを主眼とした会議でした。
様々な意見があり、まとまりようもありませんが、

コツコツと淡々と、笑顔で普及定着活動を行っていく事しかないですね~
特にそう感じる会議でした。


2012.3.8記

皆様
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年の事は、多く語りたくない。
前を向いて前進していきたい。そう!前進し建設していく!
そう決めていたところ
1日の地震による4号機の放射能漏れ
2日は、偉大な高橋丈夫さんの他界

お正月休み私にとって誰にも邪魔されない貴重な仕事の時間(苦笑)なのですが、
手につきません。

でもこれからは偉大な方から、
受け継ぎその役目を正に次の世代である
私たちが担っていき、
先人たちの大きな功績や、作ってきてくださった心や現実を
さらに飛躍していく
そう考えてもバチがあたらない年齢にもなってきているようです。

まだまだたくさん学び経験しなくてはならない事が
沢山あります。

そう考えていくと、
なんと多くの方々に支えれれて自分やサン・スマイルがいるのだろう!と
本当にもったいなく、恐縮してしまいます。

今年は「建設」の年。
そう決めました。

しかし一人でできる事、サン・スマイル一団体で出来る事なんて、ほんとに小さなものです。
どうぞ、本年もあたたかいご支援と、ご指導を心よりお願い申し上げます


facebookでもシェアしたのですが、改めてheal the world


よろしかったらfacebookお友達になって下さいね!
http://www.facebook.com/matsuuratomonori/
本年は多くの方にとって、言葉で現せない年になったのではないでしょうか、、

私も同じく、やるせない悲しみの中で、前を向いていく事に本当に精一杯でした。
後ろを向かずに前を見て歩もう!と今年ほど実感しながら過ごした年はありません。
今年無事に新年を迎えられるにあたって
多くの方々にお世話になったご恩に報えるように改めて気を引き締め直しそして
新たなチャンネルを以て建設へ向かっていきます!



先日、北海道無肥料自然栽培60年の秋場和弥さん
無肥料自然栽培稲作の第一人者であります成澤之男さんご夫妻と
取り扱っていただいている御礼と一年の感謝の旅に出ました。
皆様年末のお忙しい所ありがとうございました。

11月19日
郡山の「リトルガーデン」中島さん
福島市の「あんぜんなたべものや」矢部さん
一緒に新年を迎える事が出来て本当にうれしいです。
来年も一歩ずつ前進しながら新しい福島を建設しましょう!
一緒に歩めたら幸いです!


001_20111230065109.jpg
11月20日
横浜の「きゃろっとニンジン・ごはん」工藤様
セミナーを開いてくださり、秋場氏、成澤氏、松浦でお話をさせて頂く機会を
頂けましたこと心より感謝申し上げます。
雅子さんの真剣さに心打たれ、改めて私自身の気を引き締めなければと
痛感させられました。
工藤公康さんも(なんと、名球会のお仕事が台湾であったにもかかわらず1日はやめて帰国してくださり!)
駆けつけて下さり、真剣にお話をお聞き頂けて私の方が
勉強させられました。

正直、お会いするまでは工藤さんとても有名な方ですからちょっと、、強引なところが
あるのかな、、と勝手な想像をしておりましたが、
全く違く、著書の「現界を作らない生き方」そのまま、、それ以上の
仁徳者であることを感じました。
(工藤さん勝手な事書いてすみません)
工藤さんとご縁を頂けましたこと本当に感謝しております!

御縁をつないでくださったDr.Smileの遠嶋さんありがとうございます。


003_20111230065234.jpg
仕事とこういったファン的なことは別、、と思っておりましたが、
我慢できずに写真撮ってもらいました(^o^) 
姉も高校生以来の大ファンで、サインも頂きました(^o^)/

奥様の雅子さん著の「現役最年長投手を支える 工藤さんちの幸せを呼ぶお取り寄せ 」にもサン・スマイルの
無肥料自然栽培食材をたくさん載せて頂いております!


005_20111230065109.jpg
東京大森の「自然農場まほろば」さん。須山さんです。
本当に素敵な方で、素敵なお店です。
先日3.11後初めて伺ったら、商品アイテム数が激減していました、、
「どうしたんですか?」と聞きましたら
須山さん曰く「人が生きていくためにはそんなに多くの食材(加工食品)は必要ないと思うようになったの」と!

いわゆる自然食品店の究極は「穀物・乾物」屋さんだと思っています。
素材屋さんです。
そうは思っていても、なかなか実践は出来ない。
それを須山さんはやってのけている!須山さんすばらしい!


010_20111230065108.jpg
夜は、大手町駅C2B出口すぐ、経団連ビルの地下(隣は全農!・その隣は日経ビル!)にある
「自然回帰・然」さんに伺いました。急な事にも拘わらず
大西社長もお越しいただき!楽しい夜を過ごしました。
こちらのお店は無農薬のお野菜や無添加の食材を提供してくれます。
スタッフの皆様のとても素晴らしく、本当に心地よく会話が弾み、心地よく飲める場所です!

大西社長とは新しいプロジェクト立ち上げに向けて話し合いを進めています!
裸一貫から会社を立ち上げ、確実に理想と現実をマッチさせてお客様の笑顔をつくりだす!
っても素敵な方です!


IMG_3661.jpg
大西社長今年一年ありがとうございました!
来年、確実に歩みましょう!!ご指導お願いします!




●12月21日
★東京早稲田にある、早稲田自然食品センターに伺いました。
所謂自然食業界では、日本におけるもっとも歴史のある会社の一つです。
いつも無理ばかりお願いしておりますが、、
今年も沢山応援を頂き、本当にありがとうございました!
(写真を撮ったと思ったのですが、、見当たらずすみません)
ものすごい商品知識をお持ちの店主寺島さんがいらっしゃいます!早稲田にお住まいの方は安心ですね!


★サン・スマイルが無肥料自然栽培農産物の卸売業をはじめて、窮地に立たされた時に助けて頂いたのが
さいたま市にある「菓房はら山」さん
無添加で和菓子を製造しているパイオニアです。
インターネット投票で日本一になったどら焼きも製造しています!
今年は、インゲン系の豆類が大不作で大変ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。



013_20111230065110.jpg
さいたま市の「かぎろひ」さん
ご夫婦でされている、自然食とフェアトレードのお店。
nicoの活動も一緒に
している仲間です!




006_20111230065110.jpg
そして、、
成城学園前にある「あなたと健康社」さん
こちらでもお豆お米を取り扱っていただいております。
アポなしで伺ったのですが
五来社長がいらして、さらになんと東条百合子先生までいらっしゃいました!
(ちなみに成澤さんは一年中裸足でビーチサンダルです(笑))

東条先生が時間を作って下さり
少しお茶を頂きながらお話を頂きました。
そして
秋場さん、成澤さんに向かって

東条先生が「本当にご苦労が多いでしょうが
あなたたちの様な方がいるから、今の日本はなんとかもっているのよ。
本当にありがとう。
私はあなたたちを一生忘れないから
私はあなたたちを一生忘れないから」と・・・

私は涙をこらえていたら
隣に座っていた成澤さんが号泣。

私より50年も長く生きていらっしゃる
東条先生からこんなにうれしいくて、やさしい言葉を頂けるなんて

今年一年本当にたくさんの事がありすぎましたし、
本当につらくてしょうがない事もたくさんたくさんありました。

でも、東条先生のこの一言で
未来に向かってがんばろう!と大きな力を頂きました。

この日の事、そして
今回の感謝の旅については、一生忘れられそうにありません。
心から感謝申し上げます



002_20111230075818.jpg
そして、最後は、
食の学校の塩川先生
塩川先生にも事あるごとに、お声掛けいただき、
大変お世話になって足むけて寝れません、、
来年三月の伊勢丹府中店での出店打ち合わせで伺いましたら、
なんと昨日別れた成澤さん夫妻も!
と途中から昼間っから忘年会になり(笑)ちょっと酔っぱらっている顔です(笑)、、

松浦そしてサン・スマイルは本当に多くの方々に支えられて
成り立っていて、どのように感謝を表していけばよいのか分からなくなる時があります。
でも!ご恩に報いるには、結果を出すこと!と一つ解釈しています。
未熟でまだまだゆっくりですが、確実に歩んで参りますので
今後ともどうぞよろしくお願いします!


末筆ながら
お世話になりました多くの皆様、スタッフの皆
本年一年、本当にありがとうございました。

来る年も、どうぞよろしくお願い申し上げます!



これからの「食糧・農業・経済」と題したフォーラムが埼玉県和光市で行われました。

講演者、パネラーの皆様非常に濃い方ばかり。
私が存じ上げているのは
マート城山の海藤さん
立教大学の郭洋春教授
三島由裕さん
第一線の方々で
どうしても参加したい!と思っていましたが所用があり、、諦めていたところ
用事が早く終わったので一時間だけでも!と
16:10終了なのに 15:20頃に会場入りさせて頂きました。

いやぁ行ってよかった。
議論の場に行くと、正直私も議論に加わりたくなって
むずむずしてしまうのですが(笑)
これは遅れてきた身としては控えなければ、、とがまんして(笑)

035_20111121184750.jpg
農業問題は、地域性がありますが、基本的に同じ。
有機農業や環境保全型農業、無肥料自然栽培がなぜ広まらないか?その議論も基本的に同じ。
和光市に対する提言も、熱く語られておられましたが
立教大学の郭洋春先生(とても尊敬する先生)が
「農業問題の根本は基本的に消費者問題」という事はまさに
筋が通っているなーと思いました。

おいしい野菜を食べてもらって、普及する側が笑顔で楽しいこと。
これが第一条件でしょうね!


お誘いいただきましたマート城山の海藤さんありがとうございました!

PS
郭洋春先生の著書
とてもお勧めです!
私は、鳥肌立ちました!


11月21日記

群馬県高崎に今年から就農した桜井さん。
いろいろあって(笑)、お伺いさせて頂きました!


009.jpg
朝6時前に起きて畑へ。
これって、新規就農1年目?っと目を疑うような畑のきれいさ。
埼玉県の関野農園で研修していた成果がでてますね!


007_20111119161209.jpg
大阪城東区ででSky Skip Cafeという喫茶店をされている佐々木さん。
詩人でとても心がきれいな方です
無肥料自然栽培の心のこもったお野菜をお客さんと共有されている
素敵な方です!


012_20111119161840.jpg
大阪から健友館の上瀧さん。
サン・スマイルもとってもお世話になっています。
大阪で無肥料自然栽培農産物の販売と言えば、健友館です!


あれ、、そういえば今年の2月に西海岸に行ったメンバーじゃん!という事で
この日も夜が更けていきました(笑)


PS
024_20111119161208.jpg
綺麗だったのでパシャリ!

無肥料自然栽培
難しいですけど、がんばりましょうね!!
私もがんばりますし
心から応援してます!

11月21日記
石川県羽咋市で自然栽培フェアが開催されました

サン・スマイルも出展させて頂き大いににぎわいました(^^)/、、、
005.jpg
この日に合わせて製造した
新商品の
無肥料自然栽培のお豆やサツマイモをつかった
どら焼き、もなか、きんつば、羊かんを披露させて頂きました!


001_20111119161111.jpg
しかし恵の雨も、激しく、、お客さんは少ない、、


023.jpg
だってこんなにぐちゃぐちゃだし(^_^;)
でも、遠方からもわざわざ来て下さったり、各種商品を知って下さっている方もいらして
とても嬉しかった。
また、各地で栽培また、普及活動、流通などをされている方々ともお会い出来て
元気を頂きました(^^)/


012.jpg
無肥料自然栽培棚宗サラダ農園のひろちゃん。
この後、なんと、宮城県から
成澤之男さん夫妻も駆けつけて下さり、夜は大いに盛り上がりました(^^)/

それにしても、成澤さんにはいつも驚かされます。
このフェアに行きたい行きたい、、と言っていましたが、
仕事の関係でどうしても、行けない、、

フェア前日の夜に、宮城の自宅でブツブツ言いながら晩酌しようとしていた、、その時!!
成澤さんの御嬢さんが「お父さん、羽咋に行きたいんでしょ? お父さんと、お母さんは寝ていていいから、
車で連れて行ってあげる。」と!

それで、御嬢さんが宮城から石川まで車で運転して連れてきてくれ、、
御嬢さんはそのまま帰られてしまいました。。

いやぁこんな話、すごすぎる。

でも、ありがとうございます。
成澤さんとはお米収穫ごお会いしていなかったのでとっても
会いたかったから。とてもうれしい一日となりました!


自然栽培フェアを開催された皆様も大変な
ご苦労があったかと思います。

これから無肥料自然栽培を普及するに当たり
それぞれが
ゆるやかなつながりの中でも、
永続的社会の構築に向かっていきましょう!


ありがとうございました(^^)/

11月19日記

2011.10.30 amrita農園
前日行われた野口さんの出版記念会に
遠路来て下さったamrita農園の渡邉夫妻。
(過去記事はこちら)

サン・スマイルはじめ、近隣の無肥料自然栽培農家を精力的に回って勉強していきました~
011_20111119161113.jpg
関野農園の関野さん、照沼勝一商店の照沼さんも一緒に
渋谷農園へ
ことはし、近隣何処でもそうですけど、この温暖気候で
ぐんぐん葉物が伸びてお店は小松菜だらけになってます(^_^;)

それにしても今年の渋谷さんの無肥料自然栽培白菜↓
012_20111119163336.jpg
すごすぎです。


こちらは関野農園の三浦大根自家採種8年目
007_20111119161113.jpg
ほんと、教科書通りの美しい大根です!
出荷が待ち遠しい!

amrita農園さん、応援してます!!

11月19日記

野口種苗研究所野口勲さん
野口勲「タネが危ない」出版記念会が野口さんの地元
飯能市で行われました(^^)/

004_20111102151016.jpg
↑野口さんが執筆されたり作られた今迄の本雑誌など、、(この後もっと増えました)
壮観です


036_20111102151016.jpg
↑野口夫妻の御挨拶があり~


053_20111102151015.jpg
飯能市長に続き、
木村秋則さんからも一言。
この後は、手塚プロダクションの社長さんが挨拶され
元名栗村村長さんの乾杯で宴がはじまりました!


122.jpg
総勢16名(くらい)の御挨拶の中
セブンスローズの稲川リーダーによる演奏&歌!
最高に盛り上がりました!

196.jpg
菅原さんご夫妻からも花束を頂戴して
ほんとに夢のよう~


20111029野口勲出版記念会
80名を超えるご出席を賜り本当に大盛況でした。
ありがとうございました。
最初は10人くらいでパーティーしましょうよ私が全部幹事しますから~
と野口さんに話したのがきっかけで、、
あれよあれよと言う間に80名を越してしまい
一時はどうなるか、心配でしたが

この野口さんの出版そして、記念会を通じて
ますます真実の種がまかれ、
育て、果実を実らせて
新たなタネを次世代へつなげていける
そう確信しました。

本当にうれしい一日でした!

まだこの本を読んでいない方、これは必読書ですよ!
あぁ早く読んでおけばよかった、、と後悔するまえに
おすすめします(^^)/


194.jpg
出版記念会大成功でした「いぇい!」



2011年11月4日記

2011.10.24 オイスカさん
近年恒例になった
オイスカさんの卒業旅行の受け入れ。
野口種苗野口さんによる同時通訳、英文パワポによる講演、
そして無肥料自然栽培関野農園での現地勉強会など
私たちもとても刺激を頂く事ができました。
IMG_6459.jpg
サモア、バングラディッシュ、レソト、ジンバブエ(だったと思う)、フィリピンなど、、
長いこと話は出来ませんでしたが、数人の方の志をお聞きして
びっくりです。やっぱり知らないことが多いですね世界は広い!
将来なにがお互いにできるのか、、固まりませんが、ひとまずfacebook友達になったので
これからも交流をもっていきたと願っています。

ちなみに二年前はこちら

・・・・・・・・・・・・

先日ある方に
マダガスカル人の音楽CDをいただきました。
とっても素敵な歌声で心洗われるので
気に入っているのですが

この方が日本を去るときに
「日本人は病んでいる」
と言って国に帰ったと聞きました。

私たち日本人の様な欧米的生活をしている人は全世界人口から比べれば
少ない方でしょう。
そう考えても、考えさせられる一言です。

対語として考えて
「マダガスカル人は幸福である」

ということであるのなら
一度行ってみたい。

最後の楽園と言われるマダガスカルってどんなところで
どんな価値観で生きているのだろう~
(ちなみに政治の上層部はごちゃごちゃしているようですが
国民には関係ないようです。だってみんな幸せだからでしょうね。)

だれか一緒に行こう!
ちなみに現地での言葉は「マダガスカル語」だそうで、、英語も殆ど通じないとのことです、、

(マダガスカルはアフリカの南東部にある島国です。)